Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 10日

1943WLC750 T/Mメインシャフト

今日はHさんのWLCトランスミッションのお話。
前回クラッチギア周りのお話をしましたので、続きのメインシャフト周り調整組み立て。


a0248662_7312314.jpg
a0248662_731432.jpg
a0248662_7321853.jpg
a0248662_7324349.jpg
a0248662_733339.jpg
a0248662_7332476.jpg

メインシャフト1STギア、2NDギアブッシュは抜き取り工具を製作し、抜き取りシャフト径、ギア径にあわせブッシュ単品製作。オイル溝も作っています。

a0248662_7522041.jpg
a0248662_7524019.jpg

ギアに圧入し、縮まったブッシュ内径はホーニングしクリアランス調整し取り付け。



a0248662_7345099.jpg

a0248662_7373333.jpg

a0248662_735963.jpg

ライトサイドのメインシャフト軸受け部はT/Mカバーのレース部は楕円など無く良好でラッピングは無し。ローラーサイズで調整しクリアランス0.04mmに。



a0248662_7385989.jpg
a0248662_7393123.jpg



a0248662_7395688.jpg
a0248662_7401733.jpg

a0248662_741819.jpg

a0248662_7404465.jpg

クラッチギアにはクラッチプッシュロッドのシールと共に、スプリングが入り常にメインシャフトを押しシャフトに位置決めをします。そのためクラッチギアにはスラストベアリングが付き、クラッチギアベアリングレース側面はベアリングの受けになっています。
というわけで、シール・スプリングを取り付け。



a0248662_7415879.jpg
a0248662_7421932.jpg
a0248662_742365.jpg
a0248662_742559.jpg

メインシャフトを仮組みして、メインシャフトのスラスト量チェック調整。
シムの厚みを変え調整。


a0248662_7435798.jpg

また、1ST・2NDギアのスラスト調整。
画像では解りづらいですが2NDギアはケース側に付いているブラケットにより位置決めされます。
その上で2NDギアと1STギアの距離をシム調整します。

というわけでメインシャフト周りの調整ごと終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-10 08:07 | 1943WLC750 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      平日の授業風景 >>