Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 07日

平日の授業風景

1939EL1000

a0248662_9131690.jpg
a0248662_9134013.jpg
a0248662_9135698.jpg


Wさんのナックルヘッド。
オープンロッカー取り付け後、試乗をし問題なさそうであります。
車検準備をしつつ、旋盤突っ切りバイトを製作。
美容室経営のWさんは何処に向かっているのか?(笑)







1964XLCH900

a0248662_9141874.jpg
a0248662_914551.jpg
a0248662_915108.jpg
a0248662_915342.jpg
a0248662_9155987.jpg

a0248662_916141.jpg

a0248662_9163349.jpg

a0248662_9165681.jpg


Sくんのアイアンスポーツはシリンダー、シリンダーヘッド組みつけ。
ピストンは純正ピストンにWPC処理をしてシリンダーボーリング済み。
シリンダーは上面・下面ともに面研済み。
で純正ピストンのピストンリング、リングギャップ・クリアランスチェックしトルク管理し組み付け。
また、シリンダーヘッドとロッカーカバーもトルク管理し取り付け、シリンダーヘッドをマニホールドの角度を合わせ、トルク管理し取り付け。









1946WL750

a0248662_9171825.jpg
a0248662_9173836.jpg
a0248662_9175665.jpg

a0248662_9181393.jpg


a0248662_918318.jpg
a0248662_9184719.jpg
a0248662_919470.jpg
a0248662_9192042.jpg
a0248662_9195661.jpg


MさんのWLは部分修理で入学。
今回はロッカーアームのガタ、フロントブレーキ周りのガタの改善。
フロントホイールをとり、Fブレーキパネルチェック。
シャンクルバーブッシュとスタッドはえらくガタガタ・・・。ですがパネル自体が状態が悪く、シャンクルスタッド部の曲がりやパネルの穴あきもあったので、パネルは良品に交換するということで次回。
ロッカーアームはシャフトの減りは少なかったもののブッシュ側は大きいところでクリアランス0.5mm~0.6mmとガタが大分あるので交換。
ブッシュ抜き取りロッカーブッシュホール内径計測。楕円や広がっているもの無く、STDサイズのブッシュでいけます。良かった。
ここは車両重量がかかるところなので、酷いものは楕円になりつつ広がり、加工が大変なことになります。
というわけで、新しいブッシュ圧入し取り付け。
というわけで今回はここまで次回、パネル入手後にブレーキ周り、フォーク周りをやります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-07 09:38 | その他 | Comments(0)


<< 1943WLC750 T/Mメ...      1968BSA A65 ギア... >>