Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 06日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.2

a0248662_853544.jpg

a0248662_8435827.jpg

今日は引き続き、NさんのBSAギアボックスのお話。
ハイギア組込みまで終わっています。

a0248662_8443693.jpg

a0248662_8445545.jpg

ギアボックスカバーのベアリング交換。
A65のレイシャフト軸受けのニードルベアリングはベアリング同士が接っている物ではなくケージ付きで良いですね。

a0248662_8482595.jpg
a0248662_848464.jpg
a0248662_849098.jpg
a0248662_8491677.jpg

レイシャフト周りのお話
レイシャフト1stギアブッシュはシャフトに対し0.05mm程度で良好。
レイシャフト2NDギアのスラストは4THギアの圧入っぷりで決められています。
スラスト量は0.1mm~0.15mmでO.K
4THギア側に入りシムの厚みが3種類用意されていまして、厚みを変えレイシャフトのスラスト調整。


a0248662_8494334.jpg
a0248662_854197.jpg

a0248662_8544813.jpg

a0248662_8552970.jpg

シフターフォークはメインシャフト用、レイシャフト用で違います。
BSA A65のギアボックスはハイギア以外を組んでおいてボックスに入れることが出来るので楽チンです。
シフターのカムプレートの位置を合わせておき組み付け。



a0248662_8555261.jpg

a0248662_8561418.jpg
a0248662_8563552.jpg

a0248662_8565073.jpg

a0248662_857619.jpg


キックのラチェットギアはギア部が酷く磨耗、スペーサーの役目ももつブッシュもガタガタだったので交換。
しかしながら、ギア同士の組み合わせが悪くギアの戻りが悪いため、ギア部分を少し削り取り付け。
トルク管理し取り付けO.K


a0248662_8572685.jpg

a0248662_8574276.jpg


製作したギアチェンジクアドラントを付け、リターンスプリング、ストッパー、ペダルをつけギアチェンジチェックし問題なくO.K
というわけで、ギアボックス周り終わりです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-06 09:23 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      1968BSA A65 ギア... >>