Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 05日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1

今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話
まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルト

a0248662_08372692.jpg
a0248662_08393317.jpg
a0248662_08404464.jpg
a0248662_08410148.jpg
ねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。
座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。




a0248662_08414465.jpg
a0248662_08420277.jpg
a0248662_08425557.jpg
ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。

a0248662_08440708.jpg



a0248662_08435302.jpg
パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。







a0248662_08443659.jpg
a0248662_08445579.jpg
a0248662_08451378.jpg
a0248662_08453153.jpg
a0248662_08465246.jpg
ガタがあったハイギアブッシュは抜き取り、ブッシュ単品製作。
BSAのハイギアブッシュは2連で入っています。



a0248662_08471346.jpg
a0248662_08473082.jpg
a0248662_08490419.jpg
a0248662_08494263.jpg
a0248662_08502062.jpg
a0248662_08503260.jpg
ハイギアブッシュ圧入
プライマリー側のシールの受けになりますので、ブッシュの入りっぷりをチェックしつつ圧入します。
で圧入した分縮んだ内径はラッピングロッドを製作しラッピングし仕上げのホーニング。
メインシャフトに対しガタ無しさんです。





a0248662_08512552.jpg
a0248662_08535070.jpg
ケース側ベアリング交換しシール取り付けハイギア圧入。
プランジャーのプラグボルトも取り付け。



a0248662_08543518.jpg
a0248662_08550532.jpg
減っていたスプロケットも交換し、トルク管理して取り付け。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。


Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-06-05 09:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 1968BSA A65 ギア...      土曜日の授業風景 >>