Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 04日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65
a0248662_8161991.jpg
a0248662_8163362.jpg


a0248662_8165031.jpg
a0248662_8171716.jpg
a0248662_8173947.jpg

a0248662_8175775.jpg

a0248662_81896.jpg

a0248662_8182736.jpg

NさんのBSA A65
なかなか苦労した、スカベンジカバーをスタッドボルト製作し取り付けしオイルポンプ本組み。
悪名高い70年以前ののアルミ鋳物ボディーのBSAのオイルポンプはギアの組み方の組み合わせで回りっぷりが変わる。
ギアの組み合わせを変えつつ、オイルポンプの周りが引っかかり無くスムーズに回るところにして、取り付け。
しかしながら、仮組み時はよかったものの、オイルポンプスタッドナットを規定トルクで締めるとオイルポンプの動きは渋くなりました。
本組み時に入れたガスケット(厚み0.4mm)がスタッド部だけがつぶれることで、ボディーが歪み動きが渋くなったようです。
ガスケットを入れず組むと問題なし・・・。ガスケット無しでいくかしら。









1978TRIUMPH T140E

a0248662_81849100.jpg
a0248662_819916.jpg
a0248662_8202565.jpg


a0248662_8194054.jpg
a0248662_82040100.jpg
a0248662_820525.jpg

a0248662_821461.jpg

a0248662_821233.jpg
a0248662_821413.jpg




a0248662_822677.jpg
Tさんのトライアンフ
まず、トライアンフの作業の前に足バイクのべスパさんの整備。
リアアクスル部のシール不良でリアドラムブレーキ内にオイルが入りブレーキが利かないということ。これはべスパではあるあるなのでしょうか?シール交換しブレーキ遊び調整しO.K

でトライアンフの作業へ
フロント・リアホイールを分解。
リアのブレーキローターは錆が酷いので研磨にだします。スプロケットは使えそう。
ベアリング抜き取り、フロント・リアそれぞれホイールのオフセット量を計測し分解。
R側は随分とオフセットしています。リムのスポーク穴自体が片側によっていますね。
というわけで、リムさんキレイキレイにしてここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。アイアンスポーツ大歓迎です。

Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-06-04 08:50 | その他 | Comments(0)


<< 1968BSA A65 ギア...      1968BSA A65 ギア... >>