Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 21日

1976XLCH1000 外装周り

今日はZくんもアイアンスポーツ、外装周りのまとめ的お話。


a0248662_8394277.jpg


a0248662_839861.jpg
a0248662_8392165.jpg

オイルタンクは純正タンクを徹底清掃後取り付け。
上下ステー製作し取り付け。

a0248662_8395677.jpg

a0248662_840765.jpg

60年代のフレームに70年代のエンジンが付いているため、フットペグがすんなり付かない。(もともとちゃんと留まっていなかった)
フットペグを熱し曲げ位置を出し取り付け。


a0248662_8402322.jpg
a0248662_840373.jpg
a0248662_840491.jpg
a0248662_8411760.jpg
a0248662_841284.jpg

オーナーZ君が持ち込んだシーシーバーももちろんポン付けができず、単品加工(ほぼ製作)しフェンダー位置を合わせ取り付け。また、マフラーも位置あわせステー製作し取り付け。
シーシーバーにフェンダーステー、リアサイレンサーステー、テールランプ、ナンバーマウントを取り付け。
このあたりの作業はすべてTRUE CLASSICさんに出張してもらいやってもらいました。カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまで。


a0248662_8563375.jpg

a0248662_8415369.jpg

状態が酷く新品に交換したスプロケットカバーはチェーンを取り付けると干渉。
干渉している部分を削り取り付け。


a0248662_8432035.jpg

a0248662_8443240.jpg

a0248662_8433178.jpg

a0248662_8445135.jpg

ライトサイドマウント部の長さがおかしかったフロントアクスルシャフトは旋盤講習も兼ねピッタリカラーをZ君が製作。



a0248662_8451042.jpg

外装周りの作業も終わり、お車検業務。
無事車検も通り、試乗し膿みだし作業となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-21 09:05 | 1976XLCH1000 | Comments(0)


<< 1971 BSA A65 ロー...      1976XLCH1000 車体周り >>