2016年 12月 20日

1980XLH プライマリー周り組み付け その2

今日は昨日に引き続きIさんのアイアンスポーツ、プライマリー周りの組みつけのお話。

a0248662_0849100.jpg


a0248662_0102155.jpg
a0248662_010322.jpg

a0248662_0104783.jpg
a0248662_011738.jpg

まずはフットレストスタッド。
もともと付いていたものは微妙に曲がり、プライマリーカバーの脱着が困難だったので、交換なのですがパーツがバックオーダーだったので製作。



a0248662_0112534.jpg
a0248662_011369.jpg

a0248662_01279.jpg

a0248662_0122126.jpg

ガタが大きかったシフターシャフトブッシュは単品製作し圧入。



a0248662_0124810.jpg

仮組みして、シフターのスラストチェックしシムの厚みを変えスラスト調整。


a0248662_091619.jpg

ここからはクラッチ周り。
クラッチスペーサーはSTDサイズの1.530”6本とも同じ長さで問題なし。
このスペーサーの長さがスプリング取り付け長となります。

a0248662_092937.jpg

a0248662_094138.jpg

フリクッションディスクは面研。
スチールディスクの面チャックし歪みなく問題なし。
アイアンスポーツの薄いスチールディスクは歪んでいることが多いです。


a0248662_0131090.jpg

a0248662_0134170.jpg

クラッチハブをトルク管理し組み付け。
クラッチ取り付け。


a0248662_0141235.jpg

a0248662_0142627.jpg

ドライブプレートはアルミ製のものが入っていましたのでスチール製のものに交換。
クラッチスプリングで引っ張られドライブプレートはクラッチハウジングについたリテーニングリングにより止められています。そのため、ドライブプレートがアルミ製だとリテーニングリングと接してる部分が減っていってしまいます。


a0248662_0145680.jpg

a0248662_01668.jpg

a0248662_0152352.jpg

a0248662_0153650.jpg

リリーシングディスクのベアリングも交換し取り付け。
クラッチケーブル、レーバーも交換しクラッチ調整し、プライマリー周り完成。

70年以前のアイアンスポーツのクラッチに比べ、クラッチは重いですが構造的に壊れるところが少なく調整も簡単で好ましいです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-20 01:05 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 1973XLCH1000 分解...      1980XLH1000 プライ... >>