Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 11日

1958陸王RTⅡ クランクスラスト&オイルポンプ

a0248662_233395.jpg

今日は修理依頼でお預かり中の陸王さんのお話。
クランクシャフト軸受けベアリングのラインだしラッピングクランク芯出しが終わっていますので、クランク仮組みしてスラスト調整です。


a0248662_2335712.jpg

a0248662_234951.jpg

ドライブ側は1/4”のローラーが2連でつきます。ラッピング後のレース内径が34.96mm、シャフト径が22.225mmなので6.35mmのローラーを入れクリアランス0.035mm。
タイミング側はレース内径は34.95mm シャフト径は22.23mm 6.35mmのローラーを入れクリアランス0.02。


a0248662_2342238.jpg

a0248662_234369.jpg
a0248662_2344841.jpg
a0248662_235353.jpg

シム無しでスラスト量計測し、コンロッドがクランクケースの真ん中に来るようにし、スラスト量が0.3mm程度になるようにシムの厚みを調整。
ドライブ側1.6mmタイミング側1.7mmのシムを入れスラスト量0.3mmに。




a0248662_235273.jpg
a0248662_23542100.jpg
a0248662_2355426.jpg

クランク、タイミングギア周り仮組みして回りっぷりチェック。
引っかかりや渋いところ無く問題なし。
ということで、オイルポンプへ。




a0248662_2313168.jpg

この年式のオイルポンプはWLとは違い、フィード側、リターン側が一体式で組まれ、タイミングギアボックス下に取り付けられます。
ブリーザーギアであるオイルポンプシャフトがフィード、リターンギアを回します。
仕組みとしてはアイアンスポーツとほぼ同じ。


a0248662_23131422.jpg

a0248662_23132862.jpg

ポンプボディーは鉄製でポンプ内壁、ギア共に状態良い。

a0248662_23134210.jpg
a0248662_23135590.jpg

a0248662_23141061.jpg

a0248662_23143419.jpg

まずチェックバルブのチェック。
大分オイルが落ちるとオーナー様が言われていたので、チェックバルブ座面部擦り合わせして、光明丹で当たりっぷりチェックし、灯油をいれ漏れチェック。


a0248662_23462087.jpg

オイルポンプガスケットはもちろん無いので0.2mmのガスケットシートを使い製作。


a0248662_231457100.jpg

マウントボルトは元々一本長いボルトがはいていました。
というのは、ケース側ねじ山がナメ無くなり、奥の残っている螺子山を使いとめていました。
また、もう一箇所螺子山がなめかかっていましたので合計2本ヘリサート処理します。


a0248662_23154044.jpg

a0248662_23155761.jpg
a0248662_2316758.jpg

a0248662_23165217.jpg

クランクケースをボール盤にセットし垂直水平を出し下穴開け、タップたて、コイルを入れます。
ネジサイズは1/4”-24UNSです。


a0248662_23171871.jpg
a0248662_23173121.jpg
a0248662_23174379.jpg
a0248662_23175487.jpg

同じく2箇所目もボール盤にセットし垂直だしヘリサート。
ちなみに入れたコイルは2D。2ダイヤの略でコイルの全長がボルトの直径×2ということになります。
この長さが長くなれば、螺子とのはたらいている距離が長くなりますので、強くなります。




a0248662_23185171.jpg

a0248662_23193811.jpg
a0248662_23195323.jpg

螺子がはたらいている距離が少なかった元々のボルトはやめ、螺子部を長くしたスタッドボルトを使います。
パン・ナックルのオイルポンプ用スタッドの螺子部の距離を増やし使用。




a0248662_2320735.jpg

a0248662_2320256.jpg

オイルポンプを仮組みして、回りっぷりチェック。
このオイルポンプは位置決めのダウエルピンも無く、ねじとポンプボディーのボルト穴もガタがあるので、オイルポンプボディーの組み付け位置により、オイルポンプの回りっぷりが変わります。
ボディーを少しずつ動かしながら、いい位置を決め締め付け。


やばい酷い眠気に襲われてきたので、続きはまた次回。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-11 01:36 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)


<< 1951TRIUMPH T10...      1958VELOCETTE V... >>