Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 09日

1958VELOCETTE VENOM リアブレーキペダルピボット&プロップスタンドピボット


スイングアーム修正でお預かり中のベロセット・ベノム
ついでと言っては何ですが、ガタが酷かったリアブレーキペダルのピボット部とプロップスタンドのピボット部の修正作業をします。
うちに持ち込まれるハーレー達もそうですが、エンジンOH済み車両でも車体周りの細かい部分がガタが酷かったり、手をつけていなかったり。とりあえず走れるようにするのが旧車の常ということでしょうか。
いい機会なので、このあたりも修正します。


a0248662_05024100.jpg


a0248662_0504782.jpg
a0248662_0505823.jpg

まずはリアブレーキペダルピボット部。
目で見て隙間が分かります。
回転しないところなので、穴部は上下方向に変形しています。


a0248662_0511979.jpg
a0248662_0513358.jpg
a0248662_0514598.jpg

ペダルのピボット穴はアジャスタブルリーマーを使い真円拡大。

a0248662_052291.jpg
a0248662_0522137.jpg
a0248662_0523445.jpg
a0248662_0524658.jpg

ピボットボルトは真円拡大したペダルピボット部に合わせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_053712.jpg
a0248662_0532684.jpg

a0248662_0535643.jpg

45Cで作ってますので、焼入れして外径研磨し完成。
ガタなしさんです。






a0248662_0542820.jpg

a0248662_0545263.jpg

同じくガタガタだったプロップスタンド。
ピボットボルトは大分段付きに減っています。また、螺子部分はほぼ無くなり、螺子が効いていなかったのでワイヤリングして留めていました。


a0248662_0551796.jpg
a0248662_0553546.jpg

スタンドピボット部同じく、アジャスタブルリーマーで真円拡大。
ホーニング仕上げ。


a0248662_0555579.jpg
a0248662_0561692.jpg
a0248662_0562978.jpg

真円拡大したスタンドにあわせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_0565157.jpg

a0248662_0571932.jpg

a0248662_0573858.jpg

フレーム側は螺子部をタップで修正。こちらの螺子は無事。
フレーム側のマウント穴もホーニングし製作した製作したピボットボルトがピッタリ付くように。


a0248662_0575953.jpg
a0248662_0581113.jpg

ボルトを焼きいれ、オイル付けし取り付け。
こちらもガタ無しさんです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-09 01:24 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡ クランクス...      1947FL1200 シリンダー >>