2016年 12月 04日

1970XLH900 ダイナモチェック ~土曜日の授業風景~


1970XLH900


Tさんのアイアンスポーツはダイナモのチェックごと。

a0248662_130347.jpg

a0248662_1303034.jpg

まずは分解して軽く清掃。


a0248662_1305114.jpg

ブラシの減りっぷりチェック。
ブラシの長さは17mmで問題ない。リミット13mm程度。

a0248662_1312379.jpg

a0248662_132304.jpg

フィールドコイルのチェック。
フィールドコイルの端子部で抵抗チェック。5Ω程度で問題なし。
アーマチュアコイルもチェック。
アーマチュアのそれぞれのコアとコミュテーターぼ導通チェックし問題なし。
ということで、コイル周りは問題無さそうです。


a0248662_1314490.jpg
a0248662_1315573.jpg

コミュテーター研磨し、綺麗にしてセグメント溝清掃。


a0248662_1325456.jpg

ダイナモボディーにバッテーリー+、ダイナモF端子にバッテーリー-をつけフィールドコイルに正しい方向に電気を流し、モータリングチェック。
これでちゃんとモータリングすればダイナモには問題ないです。また正しい方向で電気を流すことで、正しい方向の磁場となります。

というわけでダイナモは問題なくO.K。


a0248662_1331970.jpg
a0248662_1334298.jpg


でエンジン搭載前にフレームタッチアップ。
目を細めてみたら綺麗です。






1980XLH1000

a0248662_135341.jpg

a0248662_1352536.jpg

a0248662_1503651.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
リアフェンダー搭載なのですがCRフレームのい場合、フェーンダーとフレームの間に隙間が開きます。この隙間からタイヤがかき上げたゴミやら水やら入らないように、スプラッシュガード(図32)なるものをつけるのですが、元々付いていたものはボロボロ。ゴムを切り製作。


a0248662_134267.jpg

a0248662_1364953.jpg

a0248662_137529.jpg

でCRフレーム用の純正シーシーバー取り付け。
フェーンダーサポートと共止めで専用のステーあり、またタイヤと干渉しないようにボルト長を調整しつつ取り付けでなかなか面倒です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-04 02:28 | 1970XLH900 | Comments(0)


<< 日曜・月曜日の授業風景      1958VELOCETTE V... >>