2016年 12月 03日

1958VELOCETTE VENOM スイングアーム&ブレーキパネル



修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
修正に出してあったスイングアームが帰ってきたので取り付けていきます。


a0248662_0104845.jpg

a0248662_22163067.jpg
a0248662_22164368.jpg

一応、前回と同じようにセットしチェック。
以前の状態と比べるとしっかり修正されているのが解ります。


a0248662_22165756.jpg
a0248662_22171090.jpg

スイングアームブッシュの状態は良かったのでそのまま取り付け。
良さそうですね。


a0248662_22173358.jpg

a0248662_22203010.jpg
a0248662_22204750.jpg
a0248662_2221381.jpg

ホイールベアリングは新品に交換。
まずリアハブフォロースピンドルに片側のベアリングを圧入。
このリアハブフォロースピンドルはベアリングカラーであり、スピードメーターを受けるクランピングスリーブの受けでもあり、ブレーキプレートロッキングボルトの受けでもあるので、両端が飛び出します。
そのため、ベアリングの外輪だけ押せるような圧入工具を製作し取り付け。



a0248662_22213250.jpg
a0248662_22214468.jpg
a0248662_22215625.jpg

割れてしまっていたブレーキプレートは新品のものに交換。
この新しいブレーキプレート、元々のものと比べると明らかに厚みがあり丈夫そうで、補強も多く入っていますが、すんなり付くのかしらと一抹の不安が・・・。


a0248662_22221174.jpg

ブレーキカムとブッシュのガタは良好でこのまま使います。


a0248662_22224189.jpg
a0248662_2223163.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーを取り付け、ブレーキドラム取り付け。
ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーでブレーキパネルが位置決めされます。
この車両にはシム2枚付いていましたので、それもつけて組み込み。


a0248662_22242971.jpg

ホイールを組み付けると、ホイールの動きが渋い・・・。何かが擦っているようです。

a0248662_22244763.jpg

ドラムをはずして組んでみると問題なく回ります。
ということは新しいブレーキプレートとドラムが干渉しているということ。


a0248662_2225470.jpg

ブレーキプレートに印を付けチェック。
外輪が擦っているようです。

a0248662_22252365.jpg

a0248662_22255169.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトを使いプレートを旋盤に銜え、芯だしをし切削。

a0248662_22263997.jpg
a0248662_22265031.jpg

もうひとつ問題が、プレート側面の逃げ部分。
元々のプレートと比べると逃げ部分の幅が少ない。こちらも擦っているようなので、芯だしし突っ切りで切削。


a0248662_22271528.jpg
a0248662_22273790.jpg



a0248662_22275846.jpg

これで、プレートが擦ることはなくなりました。


a0248662_22282397.jpg

曲がってしまっていた、ブレーキカムステディーとブレーキトルクステイも交換。
ブレーキトルクステイの取り付けが悪く、プレートに変な力がかかると、ブレーキが擦ってしまったり、プレートが割れてしまう場合があります。今回はブレーキトルクステイの取り付けは問題なし。

a0248662_22284213.jpg

a0248662_2229952.jpg

ブレーキカムステディーは普通に取り付けると、位置が合いません。
ブレーキカムステディーを少々曲げ修正。


a0248662_2230812.jpg

a0248662_22302438.jpg

スピードメータードライブはクランピングスリーブとの受け部分が減ってしまい、取り付けると動きが渋くなってしまいます。このパターンは結構多いです。ハーレーアイアンスポーツのカムシムがぴったり合いますので、シム調整。


a0248662_22293176.jpg

a0248662_22294682.jpg

リムのセンターチェック。
ズレていたら、タイヤをはずしスポークで調整、センターだしをしようと思っていましたが、問題なし。
フレームの背骨部分と真っ直ぐです。

というわけで今日はここまで。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-03 01:00 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)


<< 1970XLH900 ダイナモ...      さよなら 1963FLH1200  >>