2016年 11月 24日

1951TRIUMPH T100 分解作業

今日は祭日の水曜日。しかしながら生徒さんは寂しくお一人でしたが、私が経験がないプレユニットモデル・トライアンフの作業でしたので、色々と確認しながらじっくり作業できましたというお話。


a0248662_2105486.jpg


a0248662_2112020.jpg

まず、シート、ガソリンタンク取り外し

a0248662_211496.jpg

お目見えしたエンジンさん
マグネトーは三菱製のもの付いています。
三菱製マグネトーは2次コイルが別に付いていて、フレームとシリンダーヘッドマウントステーのところについていまいた。


a0248662_212960.jpg

a0248662_212563.jpg

ロッカーカバー、シリンダーヘッド取りはずし。
この年式はシリンダーヘッドのリーターンオイルはオイルパイプからプッシュロッドチューブに戻るようになっていますが、オイルパイプ取り付けドレンボルトがスタッドに変えられていて、IN側のパイプが抜けない・・・
螺子部になにかあったのかしら。


a0248662_213179.jpg
a0248662_2132963.jpg

シリンダー抜き取り。
固着しシリンダーが抜けない・・・。タペットガイドボルトのところをコジコジとしてみびくともせず・・・。
ヘッドボルトの螺子を使いプレートを付け、こいつを垂直にたたきシリンダー抜き取り。


a0248662_2151798.jpg
a0248662_2154156.jpg

ピストンは状態良し。
スモールエンド、ビッグエンドともにガタが少なくこちらも状態良いです。
ピストンは重量合わせをした跡がありました。


a0248662_2203911.jpg


a0248662_2155897.jpg

a0248662_2162478.jpg

プライマリー側分解。
この年式はクラッチスプリング4本、ダンパーはエンジンスプロケットについています。

a0248662_216403.jpg

ギアボックス別体モデルはギアボックスを動かすことで、プライマリーチェーンの張り調整をするのですが、そのためギアボックスメインシャフトが通るプライマリー側の穴は大きくしておく必要があります。
しかしながら、ここの穴がガバだと、プライマリーオイルがどんどん外に漏れてしまうので、各メーカー色々を苦労しているようです。
トラさんは幅広ワッシャーを板バネでとめることで穴部を小さくし、穴位置が動くようになっています。



a0248662_217131.jpg

a0248662_217145.jpg

インナープライマリーカバーは前側はアウタープライマリート共留めでケース側ととまっていて、後ろ側はバッテリカバーと共留め。


a0248662_325667.jpg

a0248662_331152.jpg

a0248662_2175792.jpg

こちらもなんやかんや確認しつつ、エンジンマウントプレートを取り外し、エンジン降ろし。

a0248662_343468.jpg

a0248662_218882.jpg
a0248662_2182560.jpg

オイルタンク、ミッションマウントプレートを取り外しギアボックッス降ろし。


a0248662_2183734.jpg

というわけで次回エンジン分解、清掃、計測地獄となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-24 03:07 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡ コンロッド...      月曜日の授業風景 >>