Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 22日

月曜日の授業風景

1939EL1000


a0248662_20412012.jpg


a0248662_20434264.jpg

a0248662_20441275.jpg


Wさんのナックルヘッド
散々悩んだミッドポジションのフットペグ。ステー製作が終わり形になりました。
とにかく、フレーム側を加工、溶接したくないためもともとのマウントボルトを利用しつつ、良い位置にフットペグが来るようにするのが大変。
タイミング側は、ブレーキロッドが通るためブレーキピボットの位置を変えつつ、ロッドが逃げ良い位置へ。
プライマリー側はとにかくマウント出来る螺子部分が無い。転倒してしまった時に、損傷があるためクランクケース側へのマウントは避け、なかなかの形状のマウントステーとなりました。
とにかく考えるのに時間がかかりました。

a0248662_2042285.jpg

a0248662_20424015.jpg

a0248662_204391.jpg

マフラーはもともとのものが、右曲がりのときにフロントエキパイが擦ってしまうので、エキパイ位置を上げることとターンアウト化。
このエキパイは1-3/4”(44.45mm)。でU字パイプを切断しターン部分を製作したのですが、国内では45mmのパイプしか手に入りません。
製作者であるDAIいわく、それでは繋げた部分が目立ってしまうと。
44.45mmのUパイプ輸入し、マフラー製作。お陰で繋げた部分も目立たず良い感じであります。
というわけで、塗装し取り付け。

これでカスタム部門は終わり。
次回からは、あの計画を進めていきます。


基本うちではカスタム作業はやっておりません。
今回のカスタム作業はTRUE CLASSICさんの協力のもと進めたもので、カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまでお願いします。










1965XLCH900

a0248662_2040794.jpg


a0248662_2046291.jpg

a0248662_20464795.jpg
a0248662_20471226.jpg

Sさんのアイアンスポーツはヘッド分解・清掃・計測作業。
時間がかかる、シリンダーヘッド内のカーボン除去を終わらせ、バルブ、バルブガイド計測。
以前にこの辺りはやっているようで、バルブも磨耗少なく、ガイドとのクリアランスもIN、EXともに0.05mm~0.06mmで問題無し。

a0248662_20473995.jpg

ロッカーアームも同じく清掃・計測。
こちらは少々ガタがありますので、ブッシュ交換。


a0248662_20475670.jpg

エンジン腰上の計測が終わり、腰下分解へ。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-22 09:33 | その他 | Comments(0)


<< 1951TRIUMPH T10...      土曜・日曜日の授業風景 >>