2016年 11月 12日

1958陸王RTⅡ カムギア・カムブッシュ

今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのカムギア周りのお話。

a0248662_9154942.jpg

a0248662_916426.jpg

a0248662_9162093.jpg

まずはカムギアシャフト計測。
シャフト、カム、ギアなど磨耗少なく問題なし。
カムギアブッシュはケース側#3、#4ブッシュがシャフトに対し0.08mm~0.09mmとガタがきているので交換。特に#3カムブッシュの鍔部分は随分と減っています。その原因は後に。
ほかのブッシュはそれぞれ0.04mm~0.05mmのクリアランスでそのまま。



a0248662_9163941.jpg
a0248662_917230.jpg
a0248662_9171911.jpg

ブッシュの鍔部分が随分減っていた#3カム。
圧入されているカムシャフトが手スポで抜けてしまっています。
こいつはカムギア圧入部をハードクローム&研磨し改めて圧入します。



a0248662_9174753.jpg

a0248662_918929.jpg

a0248662_9182952.jpg

ガタが多かったクランクケース側#3、#4カムブッシュ抜き取り、計測。
ケース側、シャフト側に合うようにブッシュ製作。


a0248662_9184070.jpg
a0248662_918536.jpg

専用で作ったバイトを使いオイル溝加工。

a0248662_91979.jpg

a0248662_9192141.jpg

a0248662_9194455.jpg

a0248662_920148.jpg

ダウエルピン加工し圧入。


a0248662_9204561.jpg

a0248662_9211654.jpg

a0248662_9214818.jpg
a0248662_922483.jpg

ハードクローム&研磨が終わったカムシャフトをカムギアに圧入。
しっかり嵌め代をとっているので問題ないと思われるが、一応周り止めピンを製作し取り付け。

a0248662_9225791.jpg

心配だったので、カムギア取り付け後、芯チェック。
ギア側、シャフト側ともに問題なし。


a0248662_9272718.jpg
a0248662_9274790.jpg

ブッシュ取り付け後、専用ロッドでラッピング。
カムシャフトのサイズは私が所有しているVLと同じサイズなのでVL用のラップロッドが使えました。
ラッピング後カムシャフトを入れてスルスルチェックしO.K。


a0248662_22544390.jpg
a0248662_2255737.jpg
a0248662_22552614.jpg

測るまでもなくガタガタだったアイドラギアブッシュもシャフトにあわせ製作。
オイル溝加工し圧入。

a0248662_22554383.jpg
a0248662_22561362.jpg

ホーニングしクリアランス調整し取り付け。
ガタなくスルスル。

というわけで今日はこの辺で。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-12 22:59 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)


<< BSA A65 DAY      1947FL1200 ローリン... >>