Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 10日

1947FL1200 スプリンガーフォーク

a0248662_11574518.jpg

今日はIさんのナックルヘッド・スプリンガーフォーク
ガタがきていたブッシュ周りのお話。


a0248662_11581312.jpg
a0248662_11582649.jpg

まずはシャンクルバーブッシュ。
ドラムパネル側スタッド、フォーク側スタッドに対し0.5mmもガタがありましたのでブッシュ交換。


a0248662_1158516.jpg
a0248662_1159465.jpg
a0248662_11594268.jpg


a0248662_11595651.jpg
a0248662_120843.jpg

シャンクルバーのブッシュ穴径は楕円無く良好。
それぞれ、ドラム側シャンクルスタッド、フォーク側シャンクルスタッド径、シャンクルバーブッシュ穴径にあわせブッシュ製作。
今回はダクタイル鋳鉄で作ってしました。
グリス通路溝と穴を作り圧入。ホーニングしてシャフトに合わせます。



a0248662_121380.jpg

a0248662_1211545.jpg

ロッカーアームブッシュ、スタッド共に随分とやられている。
この鋳鉄ロッカーアームブッシュ随分硬い素材で作られていて、大体シャフト側もやられていますので、セットで交換。



a0248662_1215324.jpg

ブッシュ抜き取り計測。
4箇所中3箇所は状態良く、STDサイズのリプロブッシュでいけますが、1箇所はロッカーアームプレートの穴が広がってしまっていたので、O.Sブッシュを製作することに。

a0248662_122229.jpg
a0248662_1223339.jpg

a0248662_1225499.jpg

というわけで、ロッカーアームブッシュもダクタイル鋳鉄を使い製作。
新品スタッドと新品ブッシュとのクリアランスを参考にして寸法を決め製作。
ロッカーアームスタッドに対し0.1mm程度のクリアランスになるはず。


a0248662_1231399.jpg

a0248662_123372.jpg

a0248662_124358.jpg

スタッド新品、ブッシュ圧入しフォークに取り付け、完成であります。


a0248662_1241964.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-10 12:59 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 1947FL1200 ローリン...      1968BSA A65 スイ... >>