Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 04日

1947FL1200 リム組み

今日はIさんのナックルヘッド、リム組みのお話です。

a0248662_2443961.jpg
a0248662_2445915.jpg
a0248662_2451161.jpg

ホイールベアリング後、リムの振れを見てみると縦方向に随分振れていましたので、振れとり調整なのですがスポークがニップル部が錆びているので調整が出来ません。
スポークが折れてしまう恐れがあるので、NOSスポークを調達しリムをばらします。
こびりついたリムバンドを剥離剤を使い剥がし、スポーク抜き取り。



a0248662_2454337.jpg
a0248662_246455.jpg

まだカドミウムメッキが残っているNOSスポーク。
中には何本か今もののスポークが混ざっていました。
この年式の純正スポークはNO.8-40山。現在の規格のスポークですとNO.8-32山です。


a0248662_2462544.jpg
a0248662_2465049.jpg
a0248662_247365.jpg

スポーク組み付け。
ハブ内側から組み、外側と内側のスポークが4クロスになるように組みます。
スターハブは一列づつスポークが組めるので、組みやすいです。




a0248662_2472458.jpg

a0248662_2474315.jpg

同じく前後共にリム組みをして振れとり。振れは1mm以内にしてあります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-04 03:06 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 1955FLH1200 ガソリ...      月曜日の授業風景 >>