Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 24日

土曜・日曜日の授業風景

土日はアイアン、A65DAYでありました。その授業模様です。



1970XLH900

a0248662_11541423.jpg

a0248662_11544973.jpg
a0248662_11551039.jpg
a0248662_11552840.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
バルブガイド外径調整、圧入が終わり、圧入分縮んだガイド穴をリーマー通し。
バルブシートカット、擦り合わせ作業突入。







1980XLH1000

a0248662_11555143.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
配線作業前の電装品、ライト周り、スイッチ周り取り付け。
この辺りに来ると、外装品の選定に悩み眺める時間が増えてくる。







1968BSA A65

a0248662_11561646.jpg

a0248662_11565318.jpg

a0248662_11573188.jpg

a0248662_11574423.jpg

a0248662_11581153.jpg

a0248662_11583978.jpg
a0248662_11585152.jpg


NさんのBSA
ギアボックッス、ギアケースインナーカバーを取り付け、ギアチェンジチェックし問題なしでありますが、ギアチェンジクアドラントに問題ありで交換。
エンジン周り腰下周りのチェックごとが終わりましたので、車体周りの作業に突入。

サイレントブロックと呼ばれるBSAのスイングアームピボット。ラバーマウントのスリーブが入っていて、ゴムのしなりでスイングします。
サイレントブロック圧入し次回、シャシー周り組み立てです。






1971BSA A65

a0248662_121184.jpg

a0248662_122971.jpg

a0248662_12495.jpg

a0248662_1244017.jpg

a0248662_125444.jpg

a0248662_1252792.jpg

a0248662_1254412.jpg


TさんのBSA
連結パイプが付くタイプのエキパイ取り付けで苦戦。
左側はよいものの、右側エキパイは取り付けるとカチ上がってしまっているので、アセチレンであぶり曲げ調整。両サイレンサーを付け高さをあわせます。
その他、アウタータイミングカバーに干渉していたシフトペダル、プライマリーカバーに干渉していた、リアブレーキペダルも曲げ調整。
サイレンサーマウントプレート共止めする汎用品のタンデムステップも加工し取り付け。







1939EL1000


a0248662_1315371.jpg

a0248662_132826.jpg

a0248662_132217.jpg

a0248662_1323339.jpg


Wさんのナックルヘッドはまさに現在作業中の投稿です。
マフラー製作位置決めが終わり、ステップのステー製作です。ステップの位置決めそして、マフラーだったり、ブレーキロッドだったりを逃げながらのステー作りでなかなか面倒です。
こちらももちろんTRUE
CLASSIC
監修です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-24 13:13 | その他 | Comments(0)


<< 1971 BSA A65 タイ...      1958 VELOCETTE ... >>