2016年 09月 29日

1947FL1200 オイルポンプ

今日はIさんのナックルヘッド、オイルポンプ周りのお話。

a0248662_2215394.jpg


a0248662_2216789.jpg

a0248662_22162386.jpg

オイルポンプボディーの内壁はフィード側、リターン側ともに状態良し。

a0248662_22173934.jpg

a0248662_22195488.jpg

ギアとボディーの面もフィード・リターン側ともに面一。
フィード側には黒のガスケット厚み0.2mm、リターン側には茶のガスケット厚み0.1mmが入りこの厚みがクリアランスとなります。

a0248662_2217512.jpg

a0248662_22234314.jpg

a0248662_2223135.jpg

リリーフバルブ、チェックバルブのチェック。
チェックバルブはバルブ(球)に光明丹をつけボディー側の座面をチェック。問題なし。
リリーフバルブは蓋ボルトの座面部からアジャスターネジの距離から3/8”(9.5mm)になるように。

a0248662_22241169.jpg

a0248662_2225339.jpg

a0248662_2226781.jpg

a0248662_22271263.jpg

41年~47年まで使われているCENTERIFUGAL VALVE(遠心バルブ)がついています。
オイルポンプにはある一定の油圧がかかるとリリーフバルブから余計な油圧を逃がすような仕組みになっています。ナックルの場合はリリーフバルブからカムギアケース内にオイルを逃がすようになっています。
この遠心バルブは低・中速時は遠心バルブから、リリーフバルブ裏側に油圧をかけ、リリーフバルブが開きづらくし、低・中速時の油圧が逃げないようにしています。高回転になると遠心バルブが閉まり油圧がかからずリリーフバルブが開きやすくなります。この時代オイル量コントロールに苦労していたのが解りますね。



a0248662_22275835.jpg

a0248662_22282147.jpg

a0248662_22283837.jpg

オイルポンプ仮組みし、トルク管理し組み付け。
まわるっぷりチェックしO.K。
次回本組みしてオイル回しチェック。


a0248662_22292934.jpg

a0248662_2229509.jpg
a0248662_22301099.jpg

a0248662_22303130.jpg

クランク本組み前に、デスビマウントボルトの雌螺子ヘリサート処理。
ここの螺子穴は1/4”-24UNS。
同じサイズのスタッドボルトをボール盤のチャックに銜えておき、螺子部の垂直を出し、ケースセットアップしヘリサート加工。

というわけで次回エンジン腰下本組みです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-29 22:54 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡ クランク軸...      最近の授業風景 >>