Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 24日

1959XLCH フロントフォーク

今日は修理依頼で預かっているアイアンスポーツのフロントフォークのお話。
72年まで使われていた33.4mmのフロントフォーク。特に前期のダンパーロッドがついているものは、なかなか面倒です。


a0248662_23431461.jpg

a0248662_1142811.jpg

a0248662_1145561.jpg

まずは分解。
アウターチューブ下のダンパーが留まっているナットをはずすとインナーチューブとアウターチューブが分離。
スプリングをこじり、ダンパーロッドにスパナをかけ、ロッドリターナーを外すとばらけます。


a0248662_23434780.jpg

a0248662_2344445.jpg

分解し清掃、計測。
ダンパーチューブは固着無く問題なし。



a0248662_2344174.jpg

a0248662_23443268.jpg

問題は右側のアウターチューブ内のフォークブッシュ。(画像下)
ロワー側のブッシュが上まで上がってきてしまっています。確かにガタが随分多かったです。
左はのフォークブッシュはガタも少なく問題なし。(画像上)


a0248662_23444781.jpg

a0248662_2345034.jpg

自家製作の抜き取り工具を使い、ブッシュ抜き取り。
このタイプのフォークはアウターチューブ下側が止まりになっていて、スチール製なので中が錆びていたりするとブッシュを抜き取るのが非常に困難です。


a0248662_2345113.jpg
a0248662_23452327.jpg

ブッシュ抜き取り後計測。
アウターチューブ内径37.68mmに対し、新品ブッシュ外径37.65mmとブッシュの方が小さく、圧入できず新品ブッシュは使えず・・・。


a0248662_23453652.jpg
a0248662_23455114.jpg
a0248662_23462223.jpg

というわけで、アウターチューブ内径、インナーチューブ外径に合わせブッシュ製作。
フォークブッシュはクリアランスを詰め過ぎると、フレームに車体につけた際に動きが渋くなってしまいます。
かといってガタガタにするわけにもいかないので、寸法の選択が微妙です。


a0248662_23464352.jpg
a0248662_234721.jpg

a0248662_23472171.jpg

ブッシュを入れる前にナメていた、ドレンボルト螺子部をヘリサート加工。
此方も同じく右側のフォーク。



a0248662_23474734.jpg

a0248662_23483574.jpg

a0248662_23480100.jpg

ブッシュ圧入。
此方も自家製圧入工具を使い圧入。
ロワー側ブッシュはブッシュの止まり位置まで約200mmも圧入していくので、嵌め代がきつ過ぎると途中で止まってしまいます。また緩過ぎると中で動いてしまう恐れがありますので、圧入加減を見つつ、ブッシュの外径を研磨し調整。

a0248662_23495494.jpg

a0248662_23481493.jpg

同じくアッパー側ブッシュも圧入し、中古インナーチューブを使いラッピング。
ラッピングの際に使うバルブコンパウンドをアウターチューブ内に残らないよう、泣きながら清掃。



a0248662_23524741.jpg

a0248662_2353248.jpg

組みつけ作業。
ダンパーロッドとリテーナーを取り付ける際に、フォークスプリングを縮めておく必要があります。
此方も自家製工具を使い、スプリングを縮めておき取り付け。
フォークスプリングは新品に交換。


a0248662_23531590.jpg

a0248662_2353302.jpg

アウターチューブを取り付け、ダンパーチューブのマウントナットをシーリングし完成。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-24 01:54 | その他 | Comments(0)


<< 1958陸王バルブシートカット      1965TRUMPH TR6 ... >>