Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 23日

1965TRUMPH TR6 エンジン腰上組みつけ

今日はE君のトライアンフのお話。
前回エンジン腰下をフレームに乗せ、その続きです。

a0248662_2344478.jpg

ピストン、ピストンリングはE君の持ち込みのもの。
シリンダーはピストンに合わせボーリング済み。

a0248662_235677.jpg
a0248662_2352548.jpg
a0248662_2354370.jpg

ピストンリングは日本ピストンリング製。
トップリングはバレルフィースタイプ、セカンドリングはアンダーカットタイプ、オイルリングは3ピースのものです。セカンドリングのアンダーカットタイプは古いバイクを扱っているとあまりお目にかからないですね。初めて使います。


a0248662_2361163.jpg
a0248662_2362228.jpg


a0248662_2363847.jpg

ピストンリングギャップ、ピストンリングクリアランスチェックし問題なし。
ピストン、シリンダー搭載すベースナット締め付け。



a0248662_2392831.jpg

ロッカーアームとロッカーアームシャフトのクリアランスは良好だったので、Oリング交換し組み付け。

a0248662_237451.jpg
a0248662_2371919.jpg

a0248662_2405895.jpg

使用するヘッドガスケット、シリンダーヘッド、プッシュロッドチューブを仮組みして、プッシュロッドチューブのオイルシールの厚み選出。
プッシュロッドチューブアッパー側にはOリングを付け、ロワー側の角断面シールの厚みを選択し、1mm程度つぶれる厚みにします。



a0248662_240812.jpg

a0248662_2373246.jpg

a0248662_2582465.jpg

ヘッドボルトの締め付け順序を確認しつつ、トルク管理しヘッド締め付け。
タペット調整をして、エンジン腰上組み立て完了。








なんやかんや製作物


a0248662_243273.jpg

a0248662_2434279.jpg

Tさんのアイアンスポーツ用シフターシャフトブッシュ



a0248662_2435717.jpg
a0248662_2441092.jpg
a0248662_2442256.jpg
a0248662_2443447.jpg

Iさんのアイアンスポーツ用、鍔付きのリアアクスルシャフトスペーサー




a0248662_2444940.jpg

a0248662_245268.jpg

修理依頼でお預かり中の初期型アイアンスポーツフロントフォークのブッシュ








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-23 03:05 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)


<< 1959XLCH フロントフォーク      火曜日の授業風景 >>