Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 21日

火曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_2243127.jpg

a0248662_225377.jpg

4日連続でお越しの北海道HさんのWL
シリンダーベースナットをトルク管理し締め付け後、タペット調整。

a0248662_2254464.jpg
a0248662_226730.jpg

a0248662_227671.jpg

点火タイミング調整。
この年式あたりの点火タイミングクランク位置はマニュアルにピストン位置で表記されています。
BTC1/4”~9/32” ピストン位置が上死点位置から6.35mm~7.14mmに下がったところということですね。
分度器をつけて確認すると圧縮上死点前29度。私のVLも30度でありました。


a0248662_2273078.jpg
a0248662_227492.jpg

a0248662_229438.jpg

a0248662_229457.jpg

でここでひとつ問題が起きました。
デスビのタイミングコントロールブラケット(ストッパー的なもの)を付け忘れていました・・・。
こいつは#3タペットと共止めになるので、シリンダーを抜き、#3タペットを抜き取りつけ。
改めて、点火タイミングを合わせ無事終了。
エンジンの作業はここまでとなり、北海道に送り出します。








TRUMPH T140

a0248662_22102213.jpg

a0248662_22104373.jpg

a0248662_2211086.jpg

a0248662_2211385.jpg

a0248662_22132399.jpg

a0248662_22133798.jpg

此方も同じくHさんの所有するトライアンフ・ハリスボンネのヘッドさん。
ロッカーボックッスをマウント部のねじ山が逝ってしまったようで持込。
チェックすると4箇所とも駄目、以前にヘリサートされていた部分もコイルが抜けてきていました。
3箇所はヘリサートしコイルが抜けた一箇所は生きていたねじ部を生かしコイルを入れました。
ヘッド面研し、此方の作業も終わり。









1965TRUMPH TR6


a0248662_221699.jpg

Eくんのトライアンフは配線引きなおし中。
次回点火周りをやったら、エンジンかけられるかしら。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-21 00:34 | その他 | Comments(0)


<< 1965TRUMPH TR6 ...      日、月曜日の授業風景 >>