Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 14日

1963FLH1200 オイルポンプ周り

Sさんのパンヘッド、卒業間近であったのですが仕事が忙しくVMSの来られない期間が1ヶ月ばかり。
そこで気がついたことが。
1ヶ月間エンジンを回さず保管していたため、オイルがエンジンケース内に落ち、ドライブ側クランクシャフトあたりから、オイルが漏れています。
この車両はうちで、腰下周りは見ていないので改善しておこうという話。

a0248662_83335.jpg


a0248662_8332019.jpg
a0248662_8333319.jpg

a0248662_8335333.jpg

まずは、ドライブ側クランクシャフトのプーリーを外し、シールチェック。
やはりシールがヘタっていたのでシール交換。



a0248662_8353615.jpg

a0248662_835572.jpg
a0248662_8361524.jpg
a0248662_8363517.jpg

オイルポンプ分解しチェック。
ギアやオイルポンプボディーの内壁は状態よし。
チェックバルブあたり部を擦り合わせしつつ、光明丹で当たりっぷりチェック。
チェックバルブを付け、オイルをたらしておき漏れチェック。

a0248662_8525970.jpg

a0248662_8592917.jpg

a0248662_837319.jpg
a0248662_8371560.jpg

オイルポンプのまわるっぷりを確認するために、タイミングギア周り分解し、オイルポンプ組み付け。
螺子部が駄目になっていたスタッドは交換し、新たなガスケットをつけ、仮組みしてオイルポンプ回りっぷりチェック。
問題なく本組み。
これで改善されてくれれば良いのだが。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-14 08:57 | 1963FLH1200 | Comments(0)


<< 1965TRUMPH TR6 ...      日曜日の授業風景 >>