Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 07日

1971 BSA A65 ギアボックス周り

今日も昨日に引き続きTさんのBAS・A65、ギアボックス周りのお話。
此方も少々前に行った作業なので思い出しながらアップになります。



a0248662_23573347.jpg

a0248662_23523333.jpg

a0248662_0134085.jpg

a0248662_23525264.jpg

BSAのハイギアブッシュは2連で付いています。
ここのブッシュがプラマリー側、バックプレートのシールの受けとなりますので、ブッシュのでっぷり調整します。
でハイギアをケース側ベアリングに圧入。

a0248662_2353842.jpg
a0248662_23532186.jpg

a0248662_23533322.jpg

レイシャフト周り。
レイシャフトには両サイドスラストワシャーが入ります。1STギア側には2.91mmのハイギア側は2.985mm、3.015mm、3.22mm、3種類のシムが用意され、シムの厚みでスラスト調整します。
1番厚いシムを入れスラスト量0.3mmに。



a0248662_23543227.jpg

a0248662_23544678.jpg

ギアボックスカバーにシフターカム、ギア周り取り付け。シフターフォークはメインシャフト側、レイシャフト側を間違えないように。
画像を取り忘れましたが、メインシャフト1stギアの圧入っぷりで3rdギアとのスラスト量調整。スラスト量0.2mmに。


a0248662_2355793.jpg

a0248662_23553061.jpg

ギアボックスアッセンブリーをクランクケースに組み付け。
クラッチセンターを仮組みしてメインシャフトが回らないようにロックし、キックギア周り組み付け。
キックギア周り取り付けることで、メインシャフトの位置が決まります。


a0248662_23555495.jpg

a0248662_034142.jpg

a0248662_23561592.jpg

ギアチェンジクアドラント、キックスタータースピンドルを組み付け、インナータイミングカバー取り付け。
シフトペグ、ギアチェンジリターンスプリングを取り付けギアチェンジチェック。
このギアチェンジリターンスプリングとアンカーピン、ストッププレートの位置関係が悪いとシフトの戻りっぷりが悪くなります。なかなか調整が面倒です。
ともあれギアボックス周りはO.Kであります。


a0248662_2354885.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-07 00:51 | 1971 BSA A65 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      1971 BSA A65 クラ... >>