2016年 08月 27日

1976FX1200 タイミングギア周り(ピニオンシャフト)

突然ではありますが、VMSレストアスクールの営業曜日・営業時間をお知らせします。
レストアスクールは月・火・水・土・日曜日のA.M10:00~P.M6:00営業。
また有難いことに修理依頼も頂いてまして、月・火・水曜日のスクール終了後と木・金曜日に修理と生徒さんの単品製作物や加工物の時間にあてています。

レストアスクールの見学は随時受付していますので、何時でもご連絡ください。

というわけで今週も木・金曜日と作業をしていたのですが、木曜日から腰のほうが調子がおかしい・・・。
金曜日の朝にはベットから起き上がるときにはコリャヤバイなと。
とりあえず作業をしていたのですが、知らないうちに前かがみのおじいちゃんスタイルとなっていました。
作業を早めに切り上げ、接骨院に行きましたが、明日もまずいかもしれません。
土・日曜日に来る生徒さんにはご迷惑をおかけするかも知れませんが、明日も営業しますのでよろしくお願いします。




今日は熊本からエンジン持込のK君のショベルヘッド、ピニオンシャフト周りのお話です。


a0248662_0254415.jpg

a0248662_0260100.jpg

ピニオンシャフト、ベアリングレースともに虫食いが酷かった車両。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品に交換。
レースはとりあえずラッピングし、虫食いがとりきらなければレース交換となります。



a0248662_0261962.jpg
a0248662_0263365.jpg
a0248662_0264450.jpg
a0248662_027119.jpg

ケースをあわせ左右ケースのラインが出ている状態でラッピング。
もともとのレース径が44.49mmだったのに対し虫食いがなくなったのが44.58mmで0.09mmラッピングしています。本当一日作業です。
社外パーツメーカーで出ているMAXオーバーサイズローラー.002”o.s(6.41mm)でJIMS製ピニオンシャフトのローラー受け部分の径は31.75mm。
ローラー径に合わせクリアランス調整しレースを44.595mmまでラッピングしクリアランス0.025mmに。




a0248662_030533.jpg

a0248662_0311879.jpg

a0248662_0314688.jpg

ピニオンシャフトブッシュはケースブッシュホール径、ピニオンシャフト径に合わせ製作。
オイルの逃げ、ダウエルピン加工をしカムカバーに圧入。



a0248662_0273064.jpg

a0248662_0274655.jpg
a0248662_0275886.jpg
a0248662_0281441.jpg
a0248662_0282656.jpg
a0248662_0283829.jpg

JIMS製のラインリーミング用のリーマー冶具(ほのかにテーパーになっていて、ピニオンシャフトベアリングレースに軽圧入する)は、MAXサイズまで広げたレース径に対応できずスッポリ入ってしまいます。
これでは冶具になりませんので、冶具製作。
テーパーは0.1度以下、受けるリーマーにガタがないように。



a0248662_029144.jpg

a0248662_0291737.jpg
a0248662_0293649.jpg

a0248662_0324999.jpg

というわけで、ラインリーミング。
しかしながら、ピニオンシャフトを通すと少々渋い。中古ピニオンシャフトを使いラッピングし、ガタなくスムーズに。
ホーニングしブッシュ周り完成。



a0248662_0295821.jpg

a0248662_0301226.jpg

カムギア、ブリーザーギア、ピニオンギア取り付け、クルクルチェック。
問題なくスムーズに周り、タイミングギア周りの作業O.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-27 01:15 | 1976FX1200 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      火・水曜日の授業風景 >>