Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 13日

1970XLH900 コンロッドビッグエンド&クランク芯だし

話が前後してしまいましたが、今日はTさんのアイアンスポーツ、ビッグエンドベアリングレースラッピングとクランク芯だしのお話です。


a0248662_23381272.jpg

分解前、フロント側(ナイフ側)のクリアランスは0.095mm、リア側(フォク側)クリアランスは0.08mmあった車両ですが、コンロッドビッグエンドベアリングレースは珍しく楕円が少なく、状態良し。
ローラーが大分減っていてガタが出てました。

a0248662_23382426.jpg

a0248662_23384170.jpg
a0248662_2339051.jpg

ともあれ軽くベアリングレースラッピング。
フロント側は41.31mm、リア側は41.32mmに。

a0248662_23391616.jpg
a0248662_23392745.jpg

クランクピンはJIMS製の新品に交換。
もともとついていたクランクピンは31.73mmに対しJIMS製のものは31.75mmと0.02mm大きいです。お陰でローラーは小さいサイズで済みます。

フロント側は.0004”o.sローラー(4.7725mm)を入れクリアランス0.015mmに
リア側も.0004”o.sローラー(4.7725mm)を入れクリアランス0.025mm。

コンロッド小端部でのガタが出やすいフロント側はクリアランス小さめ、ガタが出ずらいリア側はクリアランス大き目で組みます。


この後、コンロッドスモールエンドブッシュ交換、スラストワッシャー交換をしクランク芯だしへ。

a0248662_23394873.jpg

片側のクランクシャフトの振れが0近くになると、片側のシャフトが+-0.05mm以上振れてしまう現象が出てしまいます。右はのシャフトが良くなれば、左がだめ。左が良くなれば、右が駄目と堂々巡り。

a0248662_23402481.jpg
a0248662_23403893.jpg

フライホイールとシャフトの垂直を見てみると、ドライブ側が0.3mm振っています。
シャフトを組みなおしてみても状態が変わらないので、在庫していたシャフトに交換し、振れっぷりは良くなりました。


a0248662_2340523.jpg

というわけで芯だしやり直し。
ドライブ側0.015mmの振れ、タイミング側0.02mmの振れに。
大分苦労した今回のクランク、このぐらいで勘弁してください。








夏季休暇のお知らせ

遅ればせながら8月13日(土)~8月15日(月)は盆休みをいただきますので宜しくお願いします。

by sgf1906 | 2016-08-13 00:13 | 1970XLH900 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      平日の授業風景 >>