Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 10日

平日の授業風景


1965TRUMPH TR6

a0248662_8331356.jpg
a0248662_8332788.jpg
a0248662_8334281.jpg

a0248662_834345.jpg
a0248662_8342147.jpg
a0248662_8344423.jpg
a0248662_8345745.jpg
a0248662_8352813.jpg
a0248662_8354263.jpg


Eくんのトライアンフ。
内燃機屋さんからクランク周りの加工が上がってきましたので、まず仮組み作業です。
ビッグエンドはSTDサイズでメタルあわせ。
コンロッドナット、フライホイールボルトを規定トルクで締め付け。
スラッジチューブは新品交換取り付け。
手スポであった両クランクシャフトのベアリング圧入部は溶射・肉盛り・研磨して正しいサイズに。
クランク側、ケース側にそれぞれベアリングを圧入し、クランクケース仮組み。
タイミングギア周りも仮組みし問題なし。
ギアボックスも組み方を復習しつつ仮組みしてO.k。
次回本組み作業です。








1939EL1000

a0248662_836960.jpg


Wさんのナックルさんは外装周りの作業。
リアフェンダー位置変更。シーシーバー製作。テールランプ位置変更。フットステップ位置変更、ステー製作。などなど。
このあたりの作業はTRUE CLASSICの代表DAIに出張してもらい手伝ってもらっています。







1947FL1200

a0248662_8362826.jpg

a0248662_8365263.jpg
a0248662_837327.jpg

a0248662_8372467.jpg


久しぶりに登場のIさんのナックルヘッド。
クランク芯だし、スラスト調整、タイミングギア周り仮組みまで終わっていたのですね。
ということでオイルポンプ周り清掃チェック。ボディー、ギア周り問題なしですが、なぜかスタッドボルト紛失で仮組みできず。
気を取り直しダイナモ周りチェック。
まぁこちらもドライブギア周りに悪さをされていたり、一筋縄ではいきません。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-10 09:06 | その他 | Comments(0)


<< 1970XLH900 コンロッ...      土・日の授業風景 >>