Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 07日

土・日の授業風景

1992長江750

a0248662_2234658.jpg

a0248662_224169.jpg

a0248662_2241789.jpg
a0248662_2243158.jpg
a0248662_2244417.jpg
a0248662_2245952.jpg
a0248662_2251040.jpg

a0248662_22152312.jpg


Hさんの長江
バルブシートカット、ボーリング加工が終わっているシリンダーを取り付け。
ピストンリングのギャップ、クリアランスをチェック後取り付け。
ちなみのこのピストンはコンプレッションリングが2つ、オイルリングが2つ付くタイプで、トップリングはバレルフェースタイプ、2ndリングはアンダーカットタイプ、1番目のオイルリングはワンピースタイプの摺動面がテーパーになっているもの、2番目(ピストンスカート部)につくオイルリングは同じくワンピースタイプで摺動面がバレルフェースとなっています。
というわけで取り付けなのですが、片側のピストンリングを折ってしまうというアクシデントありで、とりあえず片側だけシリンダー取り付け。
落ち込んでいてもしょうがないので、点火時期調整。
長江さんの遅角位置はピストン上死点前6度。最大進角は上死点前36度。新品デストリビューターを取り付け(りプロ品が出るのですね)ですが、このデストリビューターのガバナーが一番開く位置で最大進角位置36度で合わせると遅角位置が上死点後10度になってしまいます。つまりガバナーの開く量が1.5倍大きいのです。ギア自体のバッククラッシュも大分あるので、とりあえず遅角位置6度で組んで様子を見てみます。

話は変わりますが、未だに看板が無いVMSを哀れみ鉄看板を作ってくれました。
これで少しはお店っぽくなるかしら。Hさん有難う御座いました。







VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_226079.jpg
a0248662_2263510.jpg
a0248662_2265377.jpg


久しぶりに登場のEさんのベロセット。
久しぶりの作業のブランクを感じつつ、抜き差しするたびに気を使うダイナモマウントバンドのボルトをスタッド化。サイドスタンドストッパー部分が痩せ細り、リアブレーキロッドと干渉していましたので、溶接肉盛りし位置合わせをしつつ整形作業。






1970XLH900

a0248662_2272313.jpg
a0248662_2273673.jpg


Tさんのアイアンスポーツは前回に引き続きクランクの芯だし作業。
左右クランクシャフトで0.02mmの振れまでいったものの、もう少しもう少しと追い込んでいたらハマッてしまった・・・。1から見直しが必要であります。






1968BSA A65

a0248662_2275672.jpg

a0248662_2291291.jpg

a0248662_2293241.jpg
a0248662_2294360.jpg


NさんのBSAはフロント側に続き、リア側のドラムブレーキ調整。
張り替えたライニングが少々厚くドラムに入らないので、ブレーキカムとの摺動面を左右均等に削り、ドラムに収まるようにした後、ライニングとドラムの当たりっぷりを見つつ、なるべく面当りになるようにライニングを削り調整。
その後フロントフォーク組みつけ作業に。
状態が悪かったフロントフォークは新品パーツテンコ盛りでありますが、いきなりオイルシールホルダーのねじ部がメッキがのりアウターチューブに入らない・・・と新品パーツの洗礼を受ける。28山のタップを使いシコシコと削り取り付け。







1968 BSA A50

a0248662_2210948.jpg


卒業生SさんのBSAは配線引きなおし。
以前はエンジン・ミッションのOHだったので、電気周りをやるのは今回が初めて。
改めて電気回りのお勉強です。
点火システムはペイゾン、レギョレーターも新品に交換。






1979FXE1340

a0248662_22104549.jpg

a0248662_22111570.jpg

a0248662_22115583.jpg

a0248662_22133843.jpg

a0248662_2214371.jpg


部分修理で入学のIさんのショベルヘッド。
写真を撮り忘れましたが、空回りしてしまっていたクラッチハブのスタッドはガタは無かったのでカシメ部分を溶接し取り付け。スタッドが回ってしまった原因のクラッチスプリングアジャスターナット(ネジが渋い)は、硬いのでタップで修正ができないので新品に交換。
クラッチハブ、コンペンセータースプロケットナットを規定トルクで締め付け、チェーンラインチェック。
タペット音が出ていましたので、プシュロッド周り分解、油圧タペットチェックです。






1978XLH1000

a0248662_22144014.jpg

修理依頼のアイアンスポーツは夜が更けるのを待ち、気温が下がったところで試乗、駄目だし。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-07 23:29 | その他 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      1943WLC750 バルブシ... >>