Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 06日

1943WLC750 バルブシートカット

今日はHさんWLCのお話。
NOSシリンダーのバルブ周りチェックです。

a0248662_184262.jpg
a0248662_18531.jpg
a0248662_19493.jpg

組まれていたバルブ周り分解し、それぞれ計測。
バルブは少々やれ感がある使われていないバルブが入っています。
バルブステム8.63mmに対しバルブガイド穴径は+0.12mm~0.13mm。サイドバルブのクリアランスとしては問題なし。

a0248662_192152.jpg

a0248662_110950.jpg

バルブ傘面とバルブシートの当たりはベタあたり。バルブ傘面とシートのあたる角度45度面だけ切ってある状態です。45度面はしっかり当っています。

というわけでシートカットしていきます。


a0248662_1102765.jpg
a0248662_1104872.jpg

まずはバルブシートの30度面をカットしバルブとシートのあたり位置を出します。
バルブの傘下側に隙間ができたのが解るかしら。

a0248662_1112655.jpg
a0248662_1114130.jpg

バルブシート60度面をカットし45度面(シートとバルブの当たる角度)の幅が1.5mm程度になるよう調整します。

a0248662_1132179.jpg

バルブシートとバルブの当たり位置、幅はこんな感じに。

a0248662_112139.jpg

仕上げで擦り合わせ。

a0248662_1135646.jpg

a0248662_1141483.jpg


a0248662_1143195.jpg

擦り合わせ後、光明丹を使い当たり位置、幅をチェックし、ポート内に灯油を入れ漏れチェック。
問題なくO.K。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-06 01:33 | 1943WLC750 | Comments(0)


<< 土・日の授業風景      1943WLC750 コンロッ... >>