2016年 07月 23日

金曜日なんやかんやと


1978XLH1000

a0248662_92311100.jpg
a0248662_9232232.jpg
a0248662_9233445.jpg
a0248662_9234659.jpg
a0248662_92404.jpg

修理依頼のアイアンスポーツ。
オーナー様に言われていたコントロールボックスの配線周り手直し。
取り回しが悪かったマイナス側のバッテリーケーブル作り直し。
前後タイヤ交換後、雨が止むのを待ち試乗。








1968BSA A65

a0248662_9242737.jpg
a0248662_9244473.jpg

a0248662_9251513.jpg
a0248662_9253217.jpg
a0248662_9255586.jpg
a0248662_9262289.jpg
a0248662_9264584.jpg
a0248662_9265814.jpg

NさんのBSA、ギアボックスハイギアブッシュ製作。
BSAは2連ブッシュでシャフトを受けます。ハーレーやトラの一本ものの長いブッシュを作るより気楽です。
外径はギアに対し嵌め代を考え、内径はシャフト径+圧入し縮む分を考え寸法を決め製作。
毎回でありますが、嵌め代に対しブッシュがどれぐらい縮むか、ブッシュの厚みなどにより代わりので難しいです。
というわけでブッシュ圧入。プライマリーのシールの受けになりますので先端側のブッシュは13mm程度だしておきます。
圧入後計測。片側はシャフトに対し0.03mmのクリアランスでO.K。片側はシャフトに対しクリアランスほぼ0。計算通りいかんな。
というわけで専用ラッピングロッドを製作。こいつで帳尻あわせします。









1976FX1200

a0248662_9271971.jpg
a0248662_9273461.jpg

a0248662_9275096.jpg

a0248662_928993.jpg

a0248662_9282482.jpg

a0248662_9283814.jpg

a0248662_9285294.jpg


こちらはK君のショベルヘッド。
虫食いが多かったピニオンシャフトベアリングレースはラッピングし虫食いを取りきり、MAXオーバーサイズのローラー(.002”o.s)を使い適正クリアランスのサイズに。
しかしながら、ピニオンシャフトブッシュリーマー冶具(JIMS製)がレースが大きくなりすぎて使えrません。
この冶具はテーパーになっていて先端部と末端部で0.1mm程度サイズが違い、大きさの違うレースに対応できるようになっています。がここまで大きくなったレースに対応していませんでした。
というわけで冶具製作。
元の冶具の寸法を目安に角度計算しテーパーの角度選定。最近はネットで計算式がすぐに出るので楽チンですね。
まず、リーマーが通る部分の穴径をぴったりに出し、冶具の外径を最大値で切削。
刃物代の角度を変え(線一本分)テーパーに加工。先端部44.52mm、末端部44.64mmというサイズに。
リーマー径ぴったりにしておいた穴部はホーニングし仕上げ出来上がり。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-23 09:56 | その他 | Comments(0)


<< 日曜日の授業風景      1955FL1200 エンジン... >>