Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 19日

1980FLH1200 プライマリー周り

部分修理で入学のTさんショベルヘッド。
以前にショップさんでOH済みで調子は良いが発電をしなくなったのこと。
ステーターコイル、レギュレーターの抵抗値も問題ないとのこと。ということはあれだな・・・。
というわけで、オルタネーター交換するのですがなんやかんやありますという話。

a0248662_1115311.jpg
a0248662_1121227.jpg

まずはエンジンスプロケット、クラッチ周り分解。

a0248662_1123473.jpg

あらら、クラッチプッシュロッドが出てきてしまった。
ここはスローアウトベアリングがついているので取れてこないはずなのです。

a0248662_1142359.jpg

a0248662_115177.jpg
a0248662_1151361.jpg

というわけでキックカバー分解。
幸いスローアウトベアリングは粉砕していなく、Cクリップが終了していただけでした。
新しいベアリングをつけ事なきを得る。


a0248662_1154644.jpg
a0248662_1155831.jpg

話をプライマリー側に戻す。
インナープライマリーをはずすためにスターターハウジングをはずす必要があるのですが、片側のボルトはバッテリーマウントをはずしボルト抜き取り。

a0248662_1162163.jpg
a0248662_1163326.jpg
a0248662_1164520.jpg
a0248662_1171052.jpg

片側のマウントボルトが空回りしてボルトが外れない・・・。
スターターハウジングのマウントボルトは年式により、プライマリー側からアクセスするものと、キックカバー(車体右側)からアクセスするものとあるのですが、この年式はプライマリー側からアクセスするのですが・・・。
ボルトが空回りしているので頭を飛ばし、インナーカバーカバーを外す。
おっと、ボルトナットで留められていました。以前に取り付けたとこは、オイルタンクが無い状態で取り付けたのでしょう。ともあれこれだとスターターを取るたびにオイルタンクを外さなければいけません・・・。


a0248662_1173447.jpg

でやっとオルターネーター分解。
やはりローターの磁石が取れていました・・・。

a0248662_1175690.jpg

とともによくやられているエンジンケース側のプライマリカバーマウントねじ部も山がなくなっていてます。

ということでバラすとなんやかんやあるというお話でした。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-19 11:41 | その他 | Comments(0)


<< 1955FL1200 エンジン...      日曜日の授業風景 >>