2016年 07月 16日

1956陸王750 コンロッドビッグエンド

修理依頼の陸王のエンジン。前回スモールエンドブッシュ製作が終わり、今日はコンロッドビッグエンド部のお話。


a0248662_235359.jpg

分解時、フロント側ロッドベアリングレース上下に0.02mm楕円、左右のレースで0.01mmの差。
リア側は上下に0.03mm楕円になっていました。
(陸王さんのコンロッドはフロントがフォーク、リアがナイフタイプです。)


a0248662_24645.jpg

a0248662_242098.jpg
a0248662_243297.jpg

ベアリングレースをラッピングしフロント、リア共に真円にする。
フォーク側コンロッドの左右のレース径を合わせるのがなかなか難しい。
フロント側タイミングサイド、ドライブサイド共に38.12mm。リア側38.13mmに。


a0248662_25866.jpg

段付きになっていたクランクピンは交換。WL用JIMS製のクランクピン、ピン径25.40mm
ローラーケージが錆を落とし使用。

a0248662_252019.jpg

ラッピングしたベアリングレース内径、クランクピンに合わせローラー選択。
フロント側(ショートローラー)は6.345mm(.0002"アンダーサイズ)を使いクリアランス0.03mm
リア側は(ロングローラー)は6.355mm(.0002”オーバーサイズ)を使いクリアランス0.02mm
フォーク側とナイフ側でガタの出方が違うので、クラアランスを変え調整します。

a0248662_253526.jpg

コンロッド・スモールエンド部の振れ、フロント(フォーク側)0.45mm、リア(ナイフ側)0.95mmといったところに。

a0248662_255145.jpg
a0248662_26268.jpg

クランクピンナットをトルク管理し締め付け、コンロッドのスラスト量チェック。
スラスト量0.25mmで問題なし。

クランクケースの加工ごとが終わったらクランク芯出しです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-16 02:32 | 1956陸王750 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      1970XLH900 タイミン... >>