Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 11日

週末の授業風景

a0248662_9165467.jpg





1980XLH1000

a0248662_9161696.jpg

a0248662_9175148.jpg

a0248662_918820.jpg

a0248662_9183641.jpg

Iさんのアイアンスポーツはまずプライマリー周り。
もともと付いていたプライマリーカバーは以前こけたのかクラックが入っていたので、新しいものに交換。
フットペグサポートのスタッド(エンジンケースから伸びるやつ)も曲がっていてカバーが入らないので、スタッド製作。

a0248662_9192320.jpg
a0248662_9193885.jpg

a0248662_920152.jpg
a0248662_9203048.jpg

新しいプライマリーカバーにはシフターシャフトブッシュが入っていなかったのでブッシュ製作し、取り付け。
ホーニングしクリアランス調整し、スラスト調整。

a0248662_9214267.jpg
a0248662_9215822.jpg
a0248662_9221318.jpg
a0248662_9222571.jpg
a0248662_9224072.jpg

a0248662_923512.jpg
a0248662_9231858.jpg

ガタガタだったリアブレーキペダルのブッシュ製作。
こちらも圧入しクリアランス調整しとりつけ。







1970XLH900

a0248662_925286.jpg

Tさんのアインスポーツは先日、ミッションのシフター位置調整が終わり、仮組みしてギアチェンジチェック。
入りっぷりに問題なく良好だが、シフターシャフトが段減りしていてガタ多し。シフターシャフト交換。


a0248662_9254068.jpg

a0248662_926621.jpg
a0248662_9262957.jpg
a0248662_9264850.jpg

キックシャフトブッシュのチェックのためスプロケットカバー取り付けですが、上下の位置決めダウエルピンが付いていません。片側はスプロケットカバーに埋まってまして、タップを立て抜き取り。ダウエルピン取り付け。
キックシャフトブッシュはガタ多く交換。


a0248662_928197.jpg
a0248662_9283327.jpg

クラッチスチールディスクの歪みチェック、フリクッションディスクの面研。

a0248662_9285478.jpg
a0248662_929840.jpg
a0248662_9292127.jpg
a0248662_9293425.jpg

見た目で隙間がある、キックラチェットギアブッシュは抜き取り、単品製作。








TRITON RACER

a0248662_947719.jpg


Oさんのトライトンはバルタイチェック後、点火タイミングチェックしO.Kであります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-11 10:06 | その他 | Comments(0)


<< 1970XLH900 タイミン...      1978XLH1000 エンジン始動 >>