2016年 07月 04日

1973XLH1000 コンロッドビッグエンドベアリング

久しぶりに登場のIさんのアイアンスポーツのお話。
2台分のエンジンを持ち込み状態が良いほうのパーツを使いつつエンジンを組んでいきます。
というわけで、今日はコンロッドビッグエンドベアリング周り。

a0248662_22523785.jpg

a0248662_22525778.jpg
a0248662_2253127.jpg

2台分のコンロッド。

片側はレースの状態は良いが内径が大分広がっていてフロント、リアともに41.40mm
これはMAXオーバーサーズ(.002”o.s)のローラーを使って適正クリアランスが出るかどうかギリギリの大きさです。

片側のレースは虫食いが酷いがレース内径41.30mm。
ラッピングして虫食いを無くしたときにどれ位の大きさになるか。

新品のベリングレースに入れ替えても、ラッピングし0.2mm近く内径拡大をしなければならないので悩ましいところです。

a0248662_22535927.jpg
a0248662_22541357.jpg

クランクピンは純正とJIMS製ののもので寸法が少し違います。
純正のピン 31.72~31.73mm
JIMSのピン 31.75mm
と0.02mm~0.03mmJIMS製が大きいので、JIMS製を使えば、レースラッピングできる幅も多少広がります。

ローラーサイズはSTD(4.762mm)、.0002”o.s(4.767mm)、.0004o.s(4.772mm)、.0006”o.s(4.777mm)、.0008”o.s(4.785mm)、.001”o.s(4.787mm)、.002”o.s(4.813mm)とあり、0.005mm刻みとなります。 
.001”o.sから.002”o.sがいきなり跳んでしまうので問題でこの間に.0002”刻みでオーバーサイズローラーがあるとうれしい。


a0248662_22542869.jpg
a0248662_22544160.jpg

とりあえず虫食いがあった方を虫食いがなくなるまでラッピング。
結局虫食いがなくなった時点のサイズは41.37mmで.001o.sローラーでは収まりきれず・・・。
.002”o.sローラーで適正クリアランスになるまでラッピングします。


a0248662_225562.jpg

a0248662_22552015.jpg

昨日は日曜日だというのに生徒さん一人、遊びに来た卒業生3~4人と憂うべき状況でありました。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-04 09:38 | 1973XLH1000 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      1978XLH1000 キャブ... >>