Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 02日

1956陸王750 コンロッドスモールエンドブッシュ

エンジン修理依頼の7500ccの陸王、ハーレーRL・DLモデルのライセンス生産されたものです。
クランクシャフト軸受けのドライブ側ベアリングレースガタガタ問題は内燃機屋さんの加工待ち。
その他ところを進めていきます。


a0248662_8403167.jpg

a0248662_8413943.jpg

コンロッドビッグエンド部にガタがあったのでクランク分解。

a0248662_8415233.jpg
a0248662_842464.jpg

ベアリングレース・ベアリング・クランクピンそれぞれ計測
ローラーはSTDと比べ0.03mm減っています。クランクピンは少々段付き有り。
コンロッドベアリングレースはフロント側(フォーク側)は0.02mm楕円、リア側(ナイフ側)は0.03mm楕円になっていますので、ラッピングし真円にします。



a0248662_8422397.jpg

スモールエンドブッシュを抜き取り、ブッシュホール径計測。
陸王のスモールエンドブッシュ部分は、コンロッド側の肉厚が薄く、ブッシュが肉厚になっています。(昔のハーレーもそうだが)
そのためか、コンロッドのブッシュホールが変形してしまっています。(以前にやった陸王もそうでした)
大きいところで、0.05mm近く差があるところがありますので、真円加工します。


a0248662_8425047.jpg

というわけで、内燃機屋さんラッピングしてもらい真円に。
これでブッシュ製作できます。

a0248662_843791.jpg
a0248662_8432030.jpg
a0248662_8433061.jpg

使うピストンはオーナー様持込のWL用のピストン。
ピストンボスの距離を測り、WL用のスモールエンドブッシュを参考にブッシュ長を選定。


a0248662_843481.jpg

a0248662_844220.jpg

ピストンピン径、コンロッドブッシュホール、ブッシュ長を合わせブッシュ製作。

a0248662_84416100.jpg
a0248662_8442798.jpg

a0248662_8444460.jpg

陸王用のマウント冶具を製作し、オイル穴加工。


a0248662_8445949.jpg
a0248662_8451282.jpg

a0248662_8452768.jpg

a0248662_8453941.jpg

ブッシュ圧入しリーマー通し、ホーニングしスモールエンドブッシュ完成。



a0248662_8455236.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-02 09:13 | 1956陸王750 | Comments(0)


<< 1978XLH1000 キャブ...      平日の授業風景 >>