Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 30日

平日の授業風景


1971FX1200

a0248662_139439.jpg
a0248662_1395617.jpg
a0248662_1401329.jpg
a0248662_1403416.jpg
a0248662_1404585.jpg
a0248662_1405887.jpg


熊本のKさん持込のショベルヘッドエンジンは大詰め。
バルブスプリング取り付け長調整後、ヘッド本組み。
ロッカーカバーをトルク管理し取り付け、ヘッドを乗せトルク管理しシリンダーヘッド取り付け。
タペット調整をしてプッシュロッド取り付け。スプロケットシャフトベアリングシールも専用工具を使い取り付け、エンジン完成。
エンジン梱包し熊本へ旅立っていきました。






1976FX1200

a0248662_1411749.jpg
a0248662_1412734.jpg
a0248662_142982.jpg
a0248662_14220100.jpg

a0248662_1424418.jpg

a0248662_1423176.jpg


同じくKさん持込みの2機目のショベルヘッドエンジン。
製作したカムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュにオイル逃げ加工、オイル穴加工、ダウエルピン加工し、カムカバーに圧入。
カムシャフトのブッシュ摺動部分は研磨してありますので、専用のリーマーが使えないので、専用のラッピングロッドを製作して、ラッピング。トゥルトゥルに回るようになってO.K。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品。ピニオンレースは虫食いが酷く大分ラッピングし.002”オーバーサイズのローラーを使います。
専用冶具を使いラインリーミングするのですが、大分大きくしたベアリングレースに冶具が対応せず使い物になりません。専用の冶具を製作します。





1965TRUMPH TR6

a0248662_1425949.jpg

a0248662_24587.jpg

a0248662_1433927.jpg

a0248662_1435818.jpg


Eさんのトライアンフはホイールリム組みが終わり、タイヤ装着済み。
ブレーキドラムを取り付け、張り替えたライニング取り付け、ブレーキシューのあたりっぷりチェック。
トライアンフのフローティングカムはすぐにブレーキシュー全面であたり優秀ですね。
ホイールを取り付け、外装周り取り付け。
正解がよくわからない(もともとめちゃくちゃに付いていた)オイルタンク、バッテリーカバー、サイドカバーのラバーマウント部分の取り付けに苦労。





1970TRUMPH T120

a0248662_1442581.jpg

アイドリングの戻りが悪い症状があったKさんのトライアンフは、スロットルワイヤーに癖が付き動きが悪いのが問題でありました。手直しし無事解消。
試乗を繰り返し、もう卒業であります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-30 02:15 | その他 | Comments(0)


<< 1956陸王750 コンロッド...      平日の授業風景 >>