Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 25日

1958陸王750RTⅡ 腰下分解作業

今日は修理依頼の陸王のエンジン腰下分解。
この年式の陸王をいじるのは初めてですので、色々と観察しながらの分解です。

a0248662_2292322.jpg

a0248662_2293812.jpg

a0248662_2301562.jpg

この年式(最終型)の陸王はクラッチはフットからハンドへ。同じくシフトチェンジはフットにになっています。
WLと違いオイルタンクはシート下に。
フットボードやフットチェンジシフトをはずし、オイルタンクカバーをはずし、プライマリカーバーを外す。


a0248662_2304113.jpg
a0248662_2305457.jpg

タイミング側もフットボード、ブレーキペダルを外し、オイルラインチェック。
こちらもWLのオイルポンプと違い、フィード側とリターン側のオイルポンプ一体式。
オイルプレッシャーランプが付いていない代わりに、オイルタンクキャップからオイルリターンが見えるようになっています。

a0248662_2311238.jpg

エンジンをフレームから降ろし分解作業。

a0248662_2312635.jpg
a0248662_2313995.jpg
a0248662_2315212.jpg

点火システムはポイント点火でこの年式は自動進角になっています。
#1カムの先端がサーキットブレーカーカムになっています。
内側にタイマーカバー、外側に遠心力ガバナーが付いています。


a0248662_232770.jpg

a0248662_2322499.jpg

a0248662_2324431.jpg
a0248662_2325962.jpg

カムギア周りお目見え。
専用プーラーを使いタペット&タペットガイド抜き取り。
#1、#2、#4カムはギア、シャフトともに状態良し。
#3(フロントインテーク)カムは写真を撮り忘れましたが、ギアとシャフトが手スポで抜けてしまいました・・・。
ギアとシャフトが手スポだったところはブッシュの鍔部分がずいぶん削れています。


a0248662_2332897.jpg
a0248662_2334132.jpg

オイルポンプブレーザーギアとピニオンギアのタイミングが合っていないようです。


a0248662_234134.jpg
a0248662_2341949.jpg

a0248662_2343479.jpg

a0248662_2345248.jpg

オイルポンプ分解。
先ほども言ったようにフィード、リターン一体式のオイルポンプ。
下側が行き側、上側が戻り側でオイルポンプボディー、ギアともに状態良し。



a0248662_235983.jpg

a0248662_236120.jpg
a0248662_2361492.jpg

クランクケース分解。
太目のマイナスボルトが使われているケースボルト。陸王はこんなボルトが多いな・・・。
ケース分解すると、タイミング側のクランクベアリングレースが抜けています・・・。
道理でクランクのスラストが無かった訳だ。


a0248662_2362899.jpg

a0248662_2364220.jpg

結局手スポで抜けてしまったタイミング側クランクシャフトベアリングレース。
このレースはハーレーのものとは違い陸王のオリジナルです。
以前に溶接されたような跡ありで使い物になりません。こいつは交換せざるおえないがパーツは出ないだろうな。
というわけで単品製作の方向で考えます。

この年式の陸王になると、このベアリングレースも含め、カムやオイルポンプ、サーキットブレーカーなどハーレーと共用ではないパーツが多いですね。
またこちらも色々とドラマがありそうです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-25 03:16 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)


<< 週末の授業風景      1978XLH1000 スター... >>