Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 21日

1937EL1200 オイルポンプ

今日はWさんが新たに持ち込んだナックルヘッドエンジンのお話。
こちらのエンジンは以前にちゃんとしたショップさんでオーバーホールしたもの。
クランクビッグエンド部、スモールエンドブッシュ、クランク芯だし、30年代ナックルの分割ピニオンシャフトは40年代のものに交換。30年代の止まりにになっている面倒なベアリングレースは40年代クランクベアリングレースに交換してあります。またカムブッシュ、ピニオンブッシュ、ブリーザーギア周りもやってあり、エンジン問題なくうちではやりません。

a0248662_022059.jpg

a0248662_0221484.jpg

ただひとつ問題は、オイルを回すとオイルポンプスタッド(オイルポンプカバー右上)からオイルが漏れてきます。オイルポンプスタッド自体はカムギアボックスに貫通していないので、そんなとこから漏れてくるはずはないのですが・・・。


a0248662_022417.jpg

a0248662_0225541.jpg

まずはボディー面が出ていないのではと疑い、アイドラギアシャフトをずらし面研。

a0248662_02384.jpg
a0248662_0231885.jpg

オイルポンプボディー(内壁)、ギアともに状態よし。

a0248662_023358.jpg
a0248662_023459.jpg

オイルを流しチェック。
やはりスタッドからもれてきます・・・。

a0248662_024314.jpg

a0248662_025568.jpg

なんやかんやと原因追求。
スタッドボルトマウント穴に巣穴が。。。オイルプレッシャースイッチの穴下の巣穴が通じています。
犯人はこいつだ。


a0248662_0241826.jpg

a0248662_0252010.jpg

ということで、以前Mさんに頂いた高級板金半田(高熱でもなかなか溶けないやつ)を使い巣穴を埋めます。
オイルを回しチェック。O.K漏れません。

とまぁ、なんやかんやと原因追求作業で一日がかりでありました。

a0248662_0253854.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-21 00:51 | 1937EL1000 | Comments(0)


<< 1978XLH1000 シリン...      土曜日の授業風景 >>