Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 19日

土曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_014717.jpg
a0248662_021194.jpg
a0248662_022469.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
オイルタンク化粧直し後、タンクマウントグロメット交換し取り付け、オイルホース引きなおし。
手に入れてサイアミーズマフラー仮組み、必要なパーツを選出します。







1955FL1200

a0248662_025951.jpg
a0248662_031128.jpg
a0248662_032341.jpg
a0248662_033374.jpg
a0248662_035512.jpg
a0248662_041138.jpg
a0248662_043017.jpg
a0248662_044327.jpg


Yさんのパンヘッド
前回タイミングギア周り、オイルポンプ仮組みしてオイル回りチェックして問題なかったので、今回本組み。
改めてギアの、回りっぷりをチェックしつつオイルポンプを組み、規定トルクで締め付け。
状態良かったタペット周り、スラストチェック済みのカムシャフト取り付け、エンジン腰下フレーム搭載。








1970XLH900

a0248662_05412.jpg
a0248662_052222.jpg
a0248662_053990.jpg
a0248662_081250.jpg

a0248662_082573.jpg
a0248662_083750.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
前回カムブッシュ入れ替え後、スラスト調整が終わりピニオンシャフト周りの作業。
まずドライブ側クランクシャフトベアリング取り付け。両ケース合わせドライブ側ベアリングを軸にタイミング側ベアリングレースラッピング。レース状態良くほとんど研磨せずO.K。
ラッピングしたタイミング側ベアリングレースを軸にピニオンブッシュリーミング。
カムシャフト、ピニオンシャフト、ピニオンベアリグ取り付け、タイミングギア周りの回りっぷりチェック。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-19 00:26 | その他 | Comments(0)


<< 1937EL1200 オイルポンプ      1978XLH1000 プライ... >>