Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 16日

1965TRUMPH TR6 フロントフォーク

今日はEさんのトライアンフ、フロントフォークのお話。

a0248662_15057.jpg

この車両のフロントフォークはユニットモデル時代のアウタースプリングが付くタイプのものではなく、インナースプリングとダンパーチューブが入るものが組まれていました。
どうもこのフロントフォークは1963年式、ユニットと別体モデルの変換期に使われていたもののようです。


a0248662_1503290.jpg

a0248662_1504530.jpg
a0248662_151029.jpg
a0248662_1514328.jpg

a0248662_1523665.jpg

ロワー側は良かったのですがアッパー側のフォークブッシュが大分ガタ(0.2mm)があったので、インナーチューブ径にあわせブッシュ製作。
クリアランスを詰め過ぎてフォークが動かなくなるのがいやなので、インナーチューブに対しクリアランス0.06mm~0.07mmで製作。
それでもまだ動きが渋かったのでホーニングし帳尻合わせ。



a0248662_1524957.jpg

a0248662_153421.jpg

このタイプのダンパーチューブの構造考察。
インナーチューブの穴の開き方がアウタースプリングタイプのフォークと違います。
このインナーチューブは63年のインナースプリング用のものと思われます。


a0248662_1591259.jpg

ダストエクスクラウダースリーブナットはアウタースプリングタイプ用のもののようですが、機能は問題なし。
シール交換し取り付け。


a0248662_1592916.jpg

34,37のガイドロッドは入っていませんでした。スプリングの捩れを予防するもの思われます。
大小のロッドか重なりスプリングのポンピングに合わせ伸び縮みする仕組み。
ですが大小のロッドが干渉し動きが悪くなるのでは?そんな理由から外されていたと推測し今回もつけません。(あくまで推測です)


a0248662_202780.jpg
a0248662_204399.jpg

というわけで組み立てフォーク完成。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-16 02:21 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)


<< 1978XLH1000 プライ...      週末の授業風景 >>