2016年 06月 14日

週末の授業風景


1980XLH1000

a0248662_23391246.jpg

a0248662_23393712.jpg
a0248662_23394776.jpg

a0248662_23401627.jpg
a0248662_2340327.jpg
a0248662_23404812.jpg
a0248662_23411114.jpg
a0248662_23414856.jpg
a0248662_23415826.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
プライマリーチェーンアジャスタースタッドの受け部分が割れてしまっていたプライマリーカバーは交換。
新たなプライマリーカバーにはシフターブッシュが入っていなかったためブッシュシフターブッシュ製作。
リアブレーキのマスターシリンダー分解・清掃。ブレーキペダルブッシュも随分ガタがあったのでブッシュ製作。







1968BSA A65

a0248662_23425044.jpg

a0248662_23431068.jpg

a0248662_23434419.jpg

a0248662_2344410.jpg

a0248662_23441311.jpg


a0248662_23444390.jpg
a0248662_2345167.jpg
a0248662_23451342.jpg

NさんのBSA。
まずフロントホイールリム組み後振れ取り。振れっぷりは1mm以内といったところ。
片側のダンパーチューブが錆付き動いていなかったフロントフォーク周り。
パーツがでなっかったダンパーチューブロッドは製作。
新品ダンパーチューブは元々付いていたダンパーと見栄えが変わらず。
ダンパーチューブ内でダンパーバルブの動きが悪いため、ホーミングし組み付け。








1970XLH900

a0248662_23485665.jpg
a0248662_2349752.jpg

a0248662_2349392.jpg
a0248662_23495114.jpg

a0248662_23501211.jpg
a0248662_23502530.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
ガタが多かった#2カムブッシュ製作。
ダウエルピン穴を加工し圧入し、カムカバーとケースをあわせラインを出しラッピング。
4つのカムが手で回しちゃんと動くことを確認後、カムギアのスラスト調整。





1975XLH1000

a0248662_23518100.jpg

a0248662_23532594.jpg

a0248662_23513451.jpg


卒業生Oさんのアイアンスポーツ。
先日スペシャルなスターターラチェットギアスプリングを付け、ギア抜け問題が解消したと思われたのですが、まだ抜けるようです。
クラッチスプロケットについているスタータークラッチギアとラチェットギアの噛みっぷりチェック。
問題点は2つで、スタータークラッチギアが減りあたり面が斜めになっていると。
スタータークラッチギアとラチェットギアの9つのギアが均等にあたっていない。
光明丹を付け、それぞれのギアのあたり方をチャックしつつギアを削る。
仮組みし、今のところ抜けなく問題なし。







1937EL1200

a0248662_23542823.jpg
a0248662_23543931.jpg

Wさんは2基目のナックルヘッドのエンジン持込。
シリンダー周りの清掃後計測。また新たなドラマが始まります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-14 00:25 | その他 | Comments(0)


<< 1965TRUMPH TR6 ...      1958陸王750RTⅡ 腰上... >>