2016年 06月 12日

1958陸王750RTⅡ 腰上分解・計測作業

エンジン修理依頼の陸王750後期型のものです。
点火は機械式の自動進角。クラッチはハンドクラッチ、ギアチェンジはフットシフトになっています。

a0248662_1283074.jpg


a0248662_1305837.jpg

まずは腰上分解。
ヘッドを外し、キャブ・マニホールド取り外し。マニホールドナットは1-7/8”

a0248662_1311150.jpg
a0248662_1312130.jpg

キャブレーターは日本気化器。


a0248662_1313436.jpg
a0248662_1314569.jpg

カバー自体がねじになっているタペットカバーを回し持ち上げ、シリンダー抜き取り。
シリンダーベースナットを取る際にダイナモを取る必要があります。


a0248662_1315710.jpg
a0248662_13271.jpg

ピストンお目見え。
残念ながらフロント、リア共に抱きつき跡あり。

a0248662_1322770.jpg

a0248662_1324233.jpg

a0248662_1325955.jpg
a0248662_1331032.jpg
a0248662_133225.jpg

シリンダー・バルブ計測。
入っていたピストンは.060”o.s
シリンダーはピストンに対し大きいところで0.17mmと広がっています。
バルブステムとバルブガイドのクリアランスはほぼすべて0.08mm程度で、サイドバルブのクリアランスとしては良好。バルブの傘は減っております。



a0248662_1334424.jpg
a0248662_1335559.jpg

スモールエンドブッシュとピストンピンはガタガタ・・・。
コンロッドビッグエンド部のガタはスモールエンド部で計測。
コンロッドナイフ側で3.2mm フォーク側で1.2mmと大きい。
ビッグエンドのクリアランスとしては0.1mmほどあると思われます。
これは腰下もやる必要があるでしょう。

by sgf1906 | 2016-06-12 02:08 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)


<< 週末の授業風景      1982TRUMPH T140... >>