Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 31日

1971FX1200 タイミングギア


今日はKさんのショベルヘッド、タイミングギア周りのお話。

a0248662_8435357.jpg

a0248662_84472.jpg

a0248662_844205.jpg
a0248662_8443036.jpg

まずはカムギアシャフト。
ブッシュ側シャフトが段減りしてしまっていたので、芯を拾い切削研磨。
オイルシールはギリギリ利くかしら。


a0248662_844464.jpg
a0248662_8445862.jpg

シャフト径が小さくなりましたので、専用リーマーが使えません。
それぞれのカムシャフトにあわせ専用ラッピングロッド製作。



a0248662_8452999.jpg

a0248662_8451212.jpg
a0248662_8454036.jpg

a0248662_8462327.jpg

a0248662_8455172.jpg

カムブッシュもそれぞれ、カムシャフト、ピニオンシャフト、カバー側にあわせ単品製作。



a0248662_8463984.jpg
a0248662_8465267.jpg
a0248662_847582.jpg

ダウエルピン溝、オイル穴を開けブッシュ圧入。



a0248662_8474972.jpg
a0248662_848116.jpg

a0248662_8483568.jpg

カムベアリング交換し、ケースとカバーを合わせ、ラインを出しラッピング。
カムシャフトがスルスルに回るようになったところで、カムスラスト調整。
元々ついていたシムでスラスト量0.08mm。



a0248662_8485162.jpg

a0248662_8491141.jpg

ピニオンシャフト、ブッシュの受け部はブッシュが当たっていた部分は減り、先端部のブッシュがあたっていなかったところは、太っています。先端部だけ切削。
シャフトベアリング受け部、アウターレースは状態良し。
STDローラー(6.35mm)を入れクリアランス0.02mm
ベアリング、シャフトを組み、ケースとカムカバーを合わせピニオンブッシュ側、少々ラッピング。


a0248662_8492781.jpg

ラッピング作業終わり、カムギア・ピニオンギアを組み回りっぷりチェック。
渋くなるところなど無く問題なし、O.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-31 09:05 | 1971FX1200 | Comments(0)


<< 火曜日の授業風景      週末の授業風景 >>