2016年 05月 14日

1978XLH1000 ネックベアリング

今日は修理でお預かりしているアイアンスポーツ・ステアリングヘッドのお話。
エンジン・ミッションオーバーホールでお預かりの車両ですが、ネック周りの動きが重いのでオーナー様と相談し分解・チェック。
ネックカップとフレームにガタががあることが多いアイアンスポーツ。この車両もロワー側ネックカップとフレームの間に少々隙間が・・・。
覚悟を決めて分解。

a0248662_2114043.jpg
a0248662_21143512.jpg
a0248662_2114469.jpg

a0248662_21204920.jpg

a0248662_21145776.jpg

a0248662_21153158.jpg

ベアリング自体は終了。
ネックカップもアッパー側、ロワー側ともに軽く抜けて抜けてしまいました・・・。
清掃し計測。
出口付近はやはり楕円。中側はそこまで楕円は酷くない。
いつもここの加工状態を見て思うのですが、メーカー出荷時にどこまでの精度で作られちいるのか疑問です。
ともあれ今回は、フレームネック部分のボーリング加工は無しでオーバーサイズベアリングカップを製作し組み付けます。



a0248662_2116289.jpg
a0248662_21161999.jpg
a0248662_2116288.jpg

a0248662_21211639.jpg

以前にも作ったことがあるベアリングカップ。
フレームに圧入部分はフレーム側にあわせハメ代をとり製作。とんぼし専用生爪に銜えベアリングレース側をつくり完成。アッパーとロワーともに製作しました。


a0248662_21163952.jpg
a0248662_21164841.jpg
a0248662_21165816.jpg
a0248662_2117780.jpg

カップにベアリングレースを圧入し、垂直入れ工具を使いフレームに圧入。
フレームに圧入っぷりもよい感じで気が重かった作業も終わりです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-14 21:41 | 1978XLH1000 | Comments(0)


<< 1980XLH1000 ヘッド...      1965TRUMPH TR6 ... >>