2016年 04月 30日

金曜日なんやかんやと

ゴールデンウィークが始まった金曜日。
スクールがお休みの金曜日は相変わらず溜まっている製作物を。


お知らせ
明日4月30日(土)は親戚の結婚式出席のためお休みさせて頂きます。
5月1日から通常営業です。




WL CAM BUSH LAPROD

a0248662_1342988.jpg

a0248662_1145914.jpg

a0248662_1151258.jpg


まずはWLのカムブッシュ、#1カム、#3、#4カム用のラッピングロッド製作。



BSA A65 VALVE GUIDE

a0248662_1153776.jpg
a0248662_1155117.jpg

a0248662_116490.jpg


こちらはBSA A65用のバルブガイドの前加工。
KPMI製のオーバーサイズバルブガイドの外径をヘッド側バルブガイドホールにあわせ+嵌め代分のサイズまで研磨。IN、EXそれぞれ適正外径に。
外径加工後、専用生爪に銜え小さめに作られているガイド穴を使うバルブステムに合わせ+クリアランス分までリーミング。
アルミ青銅で作られているこのガイドは粘り固いため、0.01mmづつリーまーサイズを大きくしていき切って伊いきます。



TRUMPH GEARBOX HIGH GEAR BUSH

a0248662_1162732.jpg
a0248662_1164489.jpg

a0248662_131283.jpg

a0248662_116581.jpg

a0248662_117918.jpg


トライアンフのギアボックスハイギアブッシュ製作。
長く片肉が薄いハイギアブッシュの製作は面倒であります。
トラのハイギアブッシュは一本ものでありますが、実際の摺動面は両端40mm程度で真ん中はシャフトに当たらないように段つきになっています。
ブッシュのサイズを出した後に段つき加工。螺旋オイル溝切り。
クラッチ側にはオイルが行かないようにオイル溝を止めてあります。



1978FXS1200

a0248662_1232782.jpg
a0248662_1234279.jpg

Sさんのショベルヘッド。
冷間時にクラッチのジャダーがでていたので前回調整をこころみたものの、変化無し。
温まったらジャダーが収まるので、もともと付いていたアルミ製のプレッシャープレートが悪さをしていると考え、純正タイプ、スチールのプレッシャープレートに交換。
ついでにスチールプレート、フリクッションプレートも一新。
というわけでジャターも無事収まりました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-30 02:00 | その他 | Comments(0)


<< 日曜日の授業風景      水曜日の授業風景 >>