2016年 04月 21日

1965TRUMPH TR6 エンジン計測作業

今日はEさんのトライアンフ、エンジン計測作業です。

a0248662_1115459.jpg
a0248662_1124100.jpg

まずはビッグエンド計測。
ビッグエンドジャーナルはSTDサイズより0.01mm~0.02mm減っている程度で楕円、傷少なく良好。
コンロッド側はジャーナルに対し0.06mm~0.09mmのガタ。傷もあるのでメタル交換。


a0248662_1121744.jpg

a0248662_1123491.jpg

a0248662_113070.jpg

クランクシャフトは0.02mm~0.03mm減っているようで、ベアリングが手スポ。
特にタイミング側は荒れています。溶射、肉盛り、研磨が必要です。
ケース側のクランクシャフトベアリングホール径は問題なし。

a0248662_1131644.jpg
a0248662_1132648.jpg


a0248662_1134598.jpg
a0248662_1135597.jpg

カムシャフト、ブッシュ計測。
シャフトに対しタイミング側ブッシュは0.07mmのクリアランス、ドライブ側は0.09mm~0.11mmのクリアランスでブッシュ交換決定。


a0248662_1141721.jpg

a0248662_1152163.jpg

でケース側、カムブッシュホール計測。
ブッシュは、ケース、カムシャフトに合わせて製作します。

a0248662_1435783.jpg

インターメディエイトギアスピンドルは段つきに磨耗していましたので交換。


a0248662_1153578.jpg

シリンダー&ピストン計測。
.030”オーバーサイズ(実測71.60mm)のピストンに対しタイミング側0.22mm、ドライブ側0.19mmのクリアランスで大分広がっています。
.040”オーバーサイズのピストンでいけるかしら?

a0248662_116887.jpg
a0248662_1162195.jpg

バルブガイドは、測るまでも無くガタがあったので交換。
ガイド抜き取り、ガイドホール計測。
ヘッドガイドホールを少々修正しO.Sガイドを入れます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-21 01:45 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)


<< 金曜日なんやかんや製作もの      月曜・火曜日の授業風景 >>