2016年 04月 17日

1975XLH1000 キックスターター手直し

久しぶりの登場。卒業生Oさんのアイアンスポーツ。
キックスターターのギア抜けが酷くなってきたということで手直し。

この車両は元々キックスターターが付いていない車両で、社外のスターターKITを組んだものです。(詳しくはこちらをどうぞ
そのあたりにチェックもついでに。


a0248662_2174056.jpg



a0248662_2175799.jpg

Oさんが手に入れてきたスターターラチェット、スペーサー、スターターギア。純正のものに交換。

a0248662_2181177.jpg

以前につけた、スターターギアやブッシュの磨耗は無しで状態は悪くない。
手に入れてきたクラッチスプロケットスペーサーは年式違いで使い物にならず・・・今まで使っていたものを使います。
クラッチギアの受けにもなるクラッチスプロケットスペーサーは年式によって長さが違います。
57年~70年までは26.6mm 71年以降は29.3mm クラッチスプロケットが71年以降変わるのです。

a0248662_218245.jpg

スターターラチェットスプリングを交換します。
今回の症状として、一回ギアが抜けるとその後ギアが空回り(抜けっぱなし)するということでした。
このスプリングの押しっぷりが弱いというのが問題ということで、ナイスM/Cで販売されてる強化スプリングを使ってみます。
左がナイスのもの、右がスタンダードのもの。全長が全然違います。

a0248662_2184671.jpg
a0248662_2185765.jpg

スターターギアとスターターラチェットの噛みっぷりチェック。
やはり社外のものと比べ純正のスターターギアのほうが噛みが良い。

a0248662_219106.jpg

a0248662_2193666.jpg

というわけで取り付け。
さすが卒業生という感じで、殆ど私が指図することなくバラし組んでいきます。
うれしい瞬間であります。

a0248662_2121811.jpg

組み付けクランキング。ギア抜けすること無く良好です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-17 08:53 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 1992長江750 スモールエ...      1960 VELOCETTE ... >>