Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 09日

1978XLH1000 オイルポンプ

今日は修理依頼のアイアンスポーツ・オイルポンプのお話。
クランクケースをドッキングしましたので、オイルポンプチェックをして、タイミングギア周りを本組みします。

a0248662_8234334.jpg

キレイキレイにしたオイルポンプ。
ボディー、ギアともに問題なし。

a0248662_8235610.jpg
a0248662_824869.jpg

ギアとオイルポンプボディーのクリアランスチェック。
ボディーよりギアが少し出ます。マニュアル値0.025mm~0.27mm
実測値0.2mmでO.K

a0248662_8244766.jpg

a0248662_824196.jpg

トロコイドポンプのロータークリアランスチェック。
アウターローターとインナーローターの隙間をチェック。
マニュアル値はMAX1.06mm
実測値は0.05mmで問題なし。ここが減りすぎていたら交換です。

a0248662_825644.jpg

スプリングをはずし仮組みして回りっぷりチェック。
スプリング抵抗が随分あるので、はずした状態で変な引っかかりや抵抗がないかチェックします。


a0248662_8252819.jpg

a0248662_825402.jpg


a0248662_826029.jpg

問題ないので、ケースに本組み。
規定トルク10N.mで締め付け。

a0248662_8264023.jpg

a0248662_826538.jpg

a0248662_827685.jpg

a0248662_8272653.jpg

オイルホースを取り付け、オイル流れっぷりチェック。
ビッグエンド、ヘッドオイルライン、リターン側ともに問題なし。


a0248662_8275392.jpg

というわけで、タイミングギア側本組み。
ピニオンギアナットを規定トルク50N.mで締め付け。

a0248662_8291474.jpg

a0248662_8281928.jpg

a0248662_828311.jpg

a0248662_8284878.jpg

a0248662_8295095.jpg

以前にカムシャフトのスラスト調整済みなので、シムをいれギアのタイミング合わせ組み付け。
#2カムのシールを取り付け、ブレーキオペレーティングシャフトもスラストのシム調整しカムカバー取り付け。


a0248662_82927100.jpg

腰下ほぼ完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-09 08:52 | 1978XLH1000 | Comments(0)


<< 土曜の授業風景      1955FL1200 ホイール >>