2016年 04月 02日

1978XLH1000 バルブシートカット&擦り合わせ

今日は修理依頼のTさんのアイアンヘッド、ヘッド周りのお話。

a0248662_1172351.jpg

バルブガイドの入れ替え、加工ごとが終わったのでシートカットをしていきます。

a0248662_1174870.jpg

今回はEX側を例にお話を。
フロント、リアともにEX側はバルブの当たり面(45度)のシートは虫食いが酷い。

a0248662_1185100.jpg

シートカットをしていきます。
3アングル(45度、30度、60度)でカットし、バルブとの当たり面(45度)を綺麗し、30度面、60度面を切りバルブとのあたり幅、あたり位置を調整します。

a0248662_1181856.jpg

a0248662_1182888.jpg

まずは45度面シートカット。
虫食いが無くなるまで切り、バルブにはベタ当たり。

a0248662_1184244.jpg

バルブとの当たり位置を確認しつつ、30度面カット。

a0248662_1185247.jpg

バルブとの当たり面、あたり位置を確認しつつ60度面シートカット。

a0248662_119745.jpg

最後に擦り合わせをして。

a0248662_1192534.jpg

バルブとの当たり位置は真ん中ぐらいで、EX側の当たり幅は1.5mm程に。


a0248662_1194540.jpg

a0248662_1195597.jpg

IN側は大分当たり幅が大きくなっていました。
60度面を大分カットし、IN側は当たり幅1.3mm程度に。

a0248662_1201093.jpg

すべて灯油漏れチェックをして問題なし。
というわけでバルブシートカット&擦り合わせ終了。





1956陸王750


a0248662_1204769.jpg

修理依頼の陸王750
このエンジンは1929年~1936年のハーレーサイドバルブ(RL・DLモデル)のライセンス生産されたものです。

a0248662_1205941.jpg

a0248662_1215457.jpg

まず問題なのはドライブ側、クランクシャフトベアリングレース。
レースがカタカタと動いてしまっています。このモデルは3本のロックスクリューで回り止めされていますが、そのロックスクリューで止まっている感じ。

a0248662_1221137.jpg

カシメをとり、ロックスクリューを抜いたら、手でレースは抜けました・・・。
というわけで計測。レースとケースは0.05mmの隙間。
レースの内径は楕円や消耗少なく良好。

a0248662_122256.jpg

スプロケットシャフトローラー計測。
シャフトは磨耗少なく使えます。ローラーはSTDサイズ。レースとのクリアランスも0.025mm程度で良好。
レースの外径を容射肉盛りし、外径を大きくし使う方向で考えます。


a0248662_1223844.jpg

a0248662_1225224.jpg

ピニオンシャフトとブッシュ計測。
このモデルはピニオン側の軸受けがブッシュです。ビッグエンドに行くオイルラインとともに、ブッシュを潤滑するためのオイル穴がシャフトに開いています。そのためここのブッシュにガタがあると、油圧が抜け、ビッグエンド側にオイルが行きにくくなると思います。
シャフトに対しクリアランスは0.1mm~0.2mmと大分広がっています。
こいつは変えたほうが良いでしょう。


a0248662_123312.jpg

スモールエンド部の振れっぷりもチェック。
ナイフ側0.25mm、フォーク側0.14mmとそこそこ広がっています。ビッグエンドベアリングのクリアランスは0.08mm以上といところか。
どう作業を進めていくかはこの後オーナー様と相談です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-02 02:07 | 1978XLH1000 | Comments(0)


<< 土・日曜日の授業風景。      なんやかんや製作もの。 >>