2016年 03月 16日

1947FL1200 クランク芯だし (月・火曜日の授業風景)

今日はIさんのナックルヘッドクランク周りのお話。


a0248662_23413498.jpg

a0248662_23414743.jpg

コンロッド・ビッグエンドベアリングレースのラッピングが終わりローラー選択。
クランクピン・コンロッドはショベル時代のものに変えられていたため、入っていたローラーケージはアルミのものが入っていました。スラストワッシャーはスチール製だったのでスチールケージに交換。
ローラーもスチールケージ用のもにして選出。


a0248662_23423442.jpg

スモールエンドの触れっぷりはフロント0.4mm、リアは0.2mm

a0248662_23425094.jpg

一旦クランクを規定トルクで締め付け、コンロッドのスラスト量チェック。0.3mm。

a0248662_2343793.jpg

a0248662_23431758.jpg

ピニオンシャフト、スプロケットシャフトと規定トルクで締め付け取り付け、クランク本組みです。

a0248662_23433018.jpg


a0248662_23434715.jpg
a0248662_23435762.jpg

a0248662_23441839.jpg

クランク芯だし作業に突入。
ある程度のトルクでクランクピンを締め付けておき、まず左右のフライホイールのズレを調整しつつ、偏芯検査器でチェック。フライホイールをたたきズレをなくします。


a0248662_23444018.jpg

フライホイールのズレが無くなったら、ホイールの開きっぷりを調子。
このクランクはクランクピンナットを締め付けるとホイールの下側が狭まる傾向。
ナットを締め付けてはホイールを開き、偏芯検査器でチェックを続ける。


a0248662_23453286.jpg

クランクの芯が出たところでクランクピンを規定トルクで最終締め付け。
ロックタブをつけます。

a0248662_23454966.jpg

クランクシャフトの振れはスプロケット側0.02mmピニオン側は0.005mmで終了。





こちらはダイヤルメーターでの振れチェック動画です。
スプロケット側0.01mmピニオン側0.005mm・・・なのですが測定子のあたり方で数値が結構変わります。





最終的にはテコ式ダイヤルメーターでチェック。
こちらは嫌なぐらい正確に出ます。
スプロケット側0.02mmピニオン側0.005mm


a0248662_23504934.jpg

a0248662_2351194.jpg

私がクランク芯だししている横で、Iさんはホイールの芯だしをしていました。
他愛の無い話をしながら作業をするのが結構好きな私です。




月曜日の授業風景




1982TRUMPH T140ES


a0248662_23541390.jpg

a0248662_23514124.jpg

a0248662_23515518.jpg

a0248662_23521484.jpg

Nさんのトライアンフはまずブレーキ周り。
私が作ったキャリパーピストンにバリがあったらしく、シールが切れるトラブルがあったものの、シールを交換しエア抜き。しかし元々付いていたNISSIN製のマスターシリンダーのピストン径は1/2”(12.7mm)と小さく、ブレーキオイルの吐出量が少なくダブルディスクだとタッチが柔らかい・・・。マスターシリンダー変えたほうがよいかしら。

a0248662_23524099.jpg

a0248662_23531615.jpg

a0248662_23533267.jpg

リア側はマスターシリンダーのプッシュロッド位置を調整し、干渉無くO.K.
リアキャリパーは取り付けたときにエアブリードニップルの位置が下向きに来るため、キャリパーを外しエアブリードニップルを上向きにしてエア抜き。

a0248662_2354044.jpg

ブレーキ周りが終わり、電装周りを取り付け配線引き準備です。






TRUMPH T140 RICKMAN

a0248662_23551656.jpg

a0248662_23562635.jpg

a0248662_23555081.jpg

a0248662_23565580.jpg

Oさんのトライアンフは引き続き配線引きなおし作業。
解りやすいように?マンガ的な配線図を書き電気の流れを理解した上で配線を引いていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-16 01:04 | 1947FL1200 | Comments(1)
Commented at 2016-03-16 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 1943WLC750 エンジン...      日曜日の授業風景 >>