2016年 03月 05日

1955FL1200 クランク芯だし

今日はYさんのパンヘッド、クランク芯だし

a0248662_0172214.jpg

a0248662_0173732.jpg

コンロッドのスラストワッシャーは状態が良かったのでそのまま使い、ラッピングが終わっているビッグエンドローラーのローラーサイズ選出。
レース内径はフロント、リアレフトサイド、リアライトサイドともに41.29mm。
クランクピンは31.72mm。
ガタが出やすいフロント側はクリアランス小さめ、ガタが出ずらいリア側はクリアランス大きめでローラー選出します。
フロント側は.0006”o.s(4.777mm)のローラーを使いクリアランス0.016mm
リア側は.0004”o.s(4.772mm)のローラーを使いクリアランス0.026mm

a0248662_0174990.jpg

ローラーを組み付けた状態でのコンロッドの振れっぷりチェック。
フロント側0.4mm リア側0.2mm

a0248662_0241482.jpg

a0248662_018755.jpg

クランク組み付け、偏芯検査器でチェックしながら、クランクの芯を出していきます。
まず左右フライホイールのずれを修正しつつ、クランクピンを締めていき、ずれが修正できたら開きっぷりを修正しつつ締め付け。クランクピンナットを締めこむとズレが生じるのでまた、修正しつつ規定トルク値を目安にしっかり締まりきり、芯がでるまで叩いたり、縮めたり、広げたりしていきます。

標準型のダイヤルゲージは測定子のあたり方で数値が上下しますので、最近はテコ式のダイヤルゲージを使うようにしました。

最終的には スプロケット側0.01mm、ピニオン側0.02mmの振れに。


a0248662_0184818.jpg

クランクピンナットは後期ショベルの1-1/2”の大きなナットが使われており、ロックタブが使えないのでロックタイトをつけました。

a0248662_0185928.jpg

クランクが組みあがった際のコンロッドスラスト量は0.25mm

というわけでクランク芯だし終わりです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-05 00:43 | 1955FL1200 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      1947FL1200 コンロッ... >>